英語がペラペラになる運用力の鍛え方と英語4技能を鍛えるトレーニング

英語ペラペラ

大学入試においても重要視される4技能(リーディング、リスニング、リスニング、スピーキング)は家を支える柱のようなイメージです。英語は知識を持っているだけでは使えません。運用力が大切です。今まででの日本の教育では知識重視、訳読文法の知識重視の教育が行われていました。これからは運用力もバランスよく鍛える時代。運用力を鍛えるための勉強方法を解説します。

英語4技能を鍛えるために必要な 知識+運用力 

英語力には知識と運用力があります。運用力はプラクティスやアクティビティーを使って伸ばすことができます。アクティビティーは一人でおうちでもできるエクササイズみたいなものです。アクティビティーは他者と協力しながらやるスポーツみたいな感覚です。

プラクティス  シャドーイング、オーバーラッピング、リプロダクションなど口を動かすトレーニング

アクティビティー 英会話、ディベート などインタラクションで学ぶ方法

運用力をつけるためのポイント

英語の4技能である運用力を鍛えるためには音声を使った訓練が効果的です。

スピーキングの練習の時だけではなく、リーディング、リスニングでも口を動かす音声訓練を行います。リスニングは聞こえたとおり、発音し、スクリプトでも確認しながら音読したりシャドーイングしてみると運用力が付きます。

リスニングとスピーキングの鍛え方

 自分で口にできる単語は聴くこともできるようになります。英語は日本語と違い、表音文字ではないので「あ」聞こえたら「あ」と記すわけではなく、省略されて聞こえなくなる音や同じ発音なのに違う文字で綴られることもたくさんあります。よって音と文字の繋がりになれる必要があるのです。 

リスニングからスピーキングへつなげる練習方法

  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • リピーティング

音声訓練をするときの注意 

  • 意味を理解しながら読む 
  • ネイティブの音声モデルに近づくように発音の矯正を行う 

英語はただ聞き流すだけでは聞き取れるようにはなりません。意味のわからない英語をいくら聞いても脳は雑音と判断するからです。必ず意味=音をセットで認識する必要があります。認識するためにはまずは自分の口でしっかり発音できることが大切です。発音できる音は聞き取ることもできるからです。脳内で音=意味の回路をしっかりつなげることが訓練の目標になります。 

フォネミックアウェアネス

フォニックを始める前にやるべきフォネイミックアウェアネスとは? 

2021.04.03

語彙の増やし方

正確にスペルを覚えるより使える語彙を増やすことで運用力が高まります。そのほか、知っている語を使える語彙にしていく必要もあります。

パッシブ(認識)語彙  

意味を知っていれば語彙。リスニング、リーディング用 

アクティブ(運用)語彙 

使いこなせる語彙は正確に綴りや意味、使い方を知っておく必要があります。 スピーキング、ライティング 

科学的に立証された正しい英単語の覚え方

2020.03.30

リーディング 

運用力を鍛えるためには多読してたくさんの英文に慣れる必要があります。

多読 

調べなくても読めるくらいのレベルの文をたくさん読む 

精読 

構文を意味を理解しながら読む 

多読のやり方

幼児・小学生向けおうち英語 多読のやり方

2021.04.23

英語4技能を鍛えるトレーニング

通訳トレーニングでも使われる英語上級者がよくやっている4技能を鍛えるトレーニングです。リスニング教材があればこのサイクルを繰り返して、余裕があればサイトトランスレーションも組み入れてみましょう。

リスニング教材はこの順番でリサイクルすると運用力が身につきます。

シャドーイング 

音声教材を耳から聞き、ほぼ同時にそれが聞こえてきたままに発音する訓練のこと。影のように後ろから追うように繰り返すかことからシャドウイングと呼ばれています。通訳学校で教えられる中で最も代表的なメソッドです。 

トレーニング方法 

耳から英語の音声を聞き、それを同時に聞いた音声を自分で声に出してアウトプットします。慣れてきたら3秒、5秒くらいに遅れて再現していきます。コツはただ繰り返す野ではなく,意味を理解してトレーニングをすることです。シャドウイングはスクリプトを見ないで、耳に聞こえてきた通り行うことが基本ですが、初めのうちはスクリプトや訳を見ながでも大丈夫です。全て聞き取れなくても、再現できなくても気にしないで、できる量が増えるように続けていくことが大切です。 

シャドウイングで期待できる効果 

リスニング力、スピーキング力、表現力、イントネーション・発音・英語のスピードを体得できる。 

サイトトランスレーション 

同時通訳のように英語を聞きながらその語順のまま話を理解する方法です。英語は主語の次に動詞が来ますが、日本語は文末に来ます。日本人の多くは英語を歳語まで聞いてから日本語の語順に直して意味を理解使用としますが、時間がかかってしまいます。英語での語順で意味を理解すると早く理解することができます。ネイティブスピーカーの思考プロセスと同じように英文を読んだ箇所からどんどん意味を理解していくというのがサイトトランスレーションのトレーニング法です。英語のロジックが身につくので、リスニング力も高まります。 

トレーニング方法 

スクリプトがあればいつでもどこでも手軽に始められます。文の区切れごとにスラッシュを引きながらその部分ごとに意味を取っていきます。意味を取るときはきれいな日本語にこだわる必要はなく,前から順番に意味を取っていきます。の通訳学校では勉強を始めたばかりの初心者は、まず日本語訳を読み、内容を把握した上でサイトラを行うそうです。 

サイトラで期待できる効果 

読解スピードUP,英語のロジックが身につく、リスニング力、ライティング力 

リピーティング 

音声を聴いて、スクリプトを見ながらフレーズごとに繰り返す。練習です。学校の授業などで多く取り入れられています。 

オーバーラッピング 

音声フレーズを聞いて、聞こえたとおり、スクリプト見ながら聞こえてくる音声と同時に発音します。リピートよりは高度になります。スクリプトが見られるのでシャドーイングよりは易しくなります。 

リプロダクション 

まとまった量の音声をメモしながら聞いて、要約を書いたり、発音する訓練です。全体を捉える能力がつきます。インプット文を短かめに設定してそのまま正確に再生するリプダクションもあります。ディクテーションは筆記しますが、ディクテーションの口頭バーションとなります。