小学3・4年生向け英語勉強法とやり方

小学校3・4年生の英語勉強法
Miwa
英語指導歴15年、英語教育学修士を取得、第二言語習得論の研究を利用した効率的な英語勉強法についてまとめます。

2020年から小学校3、4年生でも外国語が導入されました。でもどうやって英語って教えたらいいの?小学生ママが知っておくべき英語学習方法や家庭学習のサポート方法について解説します。英語は机に向かって勉強する教科ではなく、体を実際に使って覚える体育に近いです。お家でもエクササイズ感覚で気軽に遊びながらアプローチするのがGOODです。

小学生の英語の目標や学習レベル

2020年度から施行される学習指導要領において、小・中・高等学校の指導目標は「外国語を使って何がきるようになるのか(CAN—DO)」の観点から「聞くこと」「読むこと」「話すこと(やりとり)」「話すこと(発表)」「書くこと」の5領域ごとに記述されています。

ポイントは話すことが会話とプレゼンの2領域に分かれたことです。わかりやすく人に説明する力をつけることも目標になっているのです。 3、4年生では「聞くこと」「話すこと(やりとり)」「話すこと(発表)」の3領域のみの取り扱いになっています。

小学校学習指導要領 外国語活動(3,4年生)目標

(1)外国語を通して,言語や文化について体験的に理解を深め, 日本語と外国語との音声の違い等に気付くとともに,外国語 の音声や基本的な表現に慣れ親しむようにする。

(2)身近で簡単な事柄について,外国語で聞いたり話したりして 自分の考えや気持ちなどを伝え合う力の素地を養う。

(3)外国語を通して,言語やその背景にある文化に対する理解 を深め,相手に配慮しながら,主体的に外国語を用いてコミュ ニケーションを図ろうとする態度を養う。

文部科学省 学習指導要領 より

外国語の音声や日本語との違いに慣れ親しむことが重要なようです。文化や言語について理解を深めることなどが明記されています。このことから小学生がまずするべきことは英語の音を聞いて、日本語とのリズムやイントネーションの違いを学ぶことを優先させるべきです。

チャンツで英語の音に慣れるのも効果的です。

 「聞く」「話す」3領域の目標と言語活動

「聞く」の目標と勉強法

学習指導領域に書かれている「聞くこと」の目標と学校での学習内容(言語活動)見てみましょう。

目標

(1)聞くこと 

ア ゆっくりはっきりと話された際に,自分のことや身の回りの物を表す簡単な語句を聞き取るようにする。

 イ ゆっくりはっきりと話された際に,身近で簡単な事柄に関する基本的な表現の意味が分かるようにする。

 ウ 文字の読み方が発音されるのを聞いた際に,どの文字であるかが分かるようにする。

学校での言語活動

ア 聞くこと 

(ア)身近で簡単な事柄に関する短い話を聞いておおよその内容を分かったりする活動。 

(イ)身近な人や身の回りの物に関する簡単な語句や基本的な表現を聞いて,それらを表すイラストや写真などと結び付ける活動。 

(ウ)文字の読み方が発音されるのを聞いて,活字体で書かれた文字と結び付ける活動。

小学校では文字を学ぶためのフォニックスが大切

文字をと音の関係は母国語として英語を話す人でも難しく、アメリカの小学校でもフォニックスで規則性を教えています。ローマ字とも規則が異なるので混乱してしまう前に、フォニックスがしっかり身についていると初見の単語でも音読ができるようになります。

身近なことを学ぶためのピクチャーディクショナリー

小学校3、4年生で取り扱われる内容な身近な話題です。生活圏にあるものの名前を絵を使いながら覚えて行くことで理解や表現の幅を広げることができます。音声もしっかりインプットできるCD付きの教材がおすすめです。

「話す」の学習目標と勉強方法

「話す」ことはやり取りと発表に領域が別れています。

「話す(やり取り)」の学習目標と学習内容

学習目標

 (2)話すこと[やり取り]

ア 基本的な表現を用いて挨拶,感謝,簡単な指示をしたり, それらに応じたりするようにする。

イ 自分のことや身の回りの物について,動作を交えながら, 自分の考えや気持ちなどを,簡単な語句や基本的な表現を 用いて伝え合うようにする。

ウ サポートを受けて,自分や相手のこと及び身の回りの物 に関する事柄について,簡単な語句や基本的な表現を用い て質問をしたり質問に答えたりするようにする。

文部科学省 学習指導要領より

言語活動 

イ 話すこと[やり取り]

(ア)知り合いと簡単な挨拶を交わしたり,感謝や簡単な指 示,依頼をして,それらに応じたりする活動。

(イ)自分のことや身の回りの物について,動作を交えなが ら,好みや要求などの自分の気持ちや考えなどを伝え合 う活動。

(ウ)自分や相手の好み及び欲しい物などについて,簡単な 質問をしたり質問に答えたりする活動。

文部科学省 学習指導要領より

「話す(発表)」の学習目標と言語活動

学習目標

(3)話すこと[発表] 

ア 身の回りの物について,人前で実物などを見せながら,

簡単な語句や基本的な表現を用いて話すようにする。 

イ 自分のことについて,人前で実物などを見せながら,簡

単な語句や基本的な表現を用いて話すようにする。

 ウ 日常生活に関する身近で簡単な事柄について,人前で実 物などを見せながら,自分の考えや気持ちなどを,簡単な語句や基本的な表現を用いて話すようにする。

文部科学省 学習指導要領より

言語活動

ウ 話すこと[発表] 

(ア)身の回りの物の数や形状などについて,人前で実物やイラスト,写真などを見せながら話す活動。

 (イ)自分の好き嫌いや,欲しい物などについて,人前で実物やイラスト,写真などを見せながら話す活動。 

(ウ)時刻や曜日,場所など,日常生活に関する身近で簡単 な事柄について,人前で実物やイラスト,写真などを見せながら,自分の考えや気持ちなどを話す活動。

文部科学省 学習指導要領より

決まったフレーズを丸暗記するのが簡単!

小学生では日常生活に関する事柄について話せるようになることが目標となっているため、話すために決まり言葉をそのままフレーズごと覚えてしま勉強がおすすめです。気をつけたいのは文法を説明しないことです。考えなくてもそのフレーズが出てくるくらいに繰り返し学習する環境を作ってあげましょう。絵本を使って見えたものを英語で説明しあうなどの勉強法も役立ちます。

カードごとにフレーズが覚えられる英語カード

ママが重要な役割!小学校3、4年生向け英語の勉強法

小学校3、4年の英語入門期にはママも教材選びやお家でのアプローチに積極的に参加していきましょう。英語は言葉なので使うことで勉強になります。机の上で黙って静かに勉強する教科ではありません。ママ向けに教材選びのポイントやアプローチの注意点をまとめました。

おうち英語「聞くこと」リスニングのポイント

1、聞き取る教材は子供に馴染みのあるものにする

聞くことが難しい原因の1つが話題です。身近でないことや興味のないことは聞き取りにくくなります。子どもが興味・関心のある番組や食べ物などのイラストや実物を使うと初めて触れる英語であっても聞き取ることが簡単になります。子供が好きなキャラクターやアニメを英語でも見てみるなどがおすすめです。

2、聞かせる量は長く過ぎず、適切なもの選ぶ

英文が長くなればなるほど、子どもに取っては負担が大きくなります。

なぜなら、学習初期段階の子どもにとって、音声や意味などの言語面と聞き取る内容の両方に注意を払いつつ、その内容を記憶にとどめながら長い間聞き続けることは大変だからです。

分量が多い場合は、短く区切ったり、繰り返し聞かせることで取り組みやすくなります。

おうち英語「話すこと」スピーキングのポイント

1、間違いは直さずにリキャストする

子どもが発音をまちがっていたら、間違っているよ!と訂正してはいけません。I see と思いを受け止めた上で、正しい発音で言い直して繰り返すと間違えを怖がるようになりません。”Recast”( 言い直し)といいます。

リキャストを使うと間違ったことに罪悪感を持たずに間違いや正しい言い方に気づかせることが可能です。言語学習は間違っただけ進見ます。子どもが間違えを恐れないようにしてあげましょう。

2、チャンクを意識する

基本的な表現はチャンクごとそのまま覚えるのが簡単です。小学生のうちは文法は説明しないほうが良いとされています。生まれ持った言語能力がまだ消えていないので、数多くのパターンから文法を読み取る力が残っています。

文法の仕組みを理解しながら、発音内容を聞き取ったり、内容を話したりすることは子供にはかえって負担が大きくなります。

チャンクでそのまま覚えて自分で規則性を自然に学んで行くことができる年齢です。

好きなキャラクターの本を一冊丸暗記するのも手です。

まとめ

英語の入門期にはまずは英語の音に慣れてるということが大切です。そのためには勉強というより、遊びや歌を通して楽しみながら英語を取り入れることがおすすめです。

英語は言葉なので一人で勉強するより、ママが一緒に参加してあげるとより効果的です。

小3の英語学習

小3から英語が本格的にスタートおすすめの家庭学習法は?

2020.11.17