幼稚園・小学生向けおうち、英語好きな子になる英語絵本の選び方

お家英語 絵本の選び方

おうちで英語学習の強い味方となってくれる教材は絵本です。英語が全く分からなくても絵が意味のヒントになってくれるので、日本語を介さなくても理解することができます。この記事ではおうち英語を始めてみたいけれど「どの絵本を選んだらいいの?」という疑問に答えます。

おうち英語の英語絵本の選び方

英語で書かれた絵本はたくさんありますが、長く読まれた定番の本にはある特徴があります。子供にとって馴染みやすく、リズム感のあるものを選びましょう。小さい子供であれば、原色で絵がはっきりと描かれてる本を好む傾向があります。

絵本を選ぶときのポイント

子供が理解しやすいように工夫された絵本を選びましょう。英語がわからなくても絵を見るだけで理解できる絵本がお勧めです。

1韻を踏んだり、繰り返しがあるなどリズム感がある

2食べ物、動物、色、形、感情など身近な話題

3昔話など子供がよく知っているお話

韻を踏んだりリズム感がある絵本

英語のリズムに慣れるためには韻を踏んでいる絵本や同じようなフレーズのくり返しがある絵本を選ぶと良いです。楽しみながら英語の音をマスターすることができます。

食べ物、動物、色、形、感情など身近な話題

小学校の3・4年生の英語では身近な事柄について聞いたり、理解したりすることが目標になっています。日常生活に使われる語句がよくでてくる絵本を選びましょう。

昔話などよく知っているお話

よくストーリーを知っている絵本であれば、英語であっても理解することが可能です。日本語で一度読んだことのある絵本の英語版があればより親しみやすくなります。

おうちでの英語絵本の読み方

絵本を読むときには2つのアプローチ方法があります。

ボトムアップ型は文字や単語を覚えてしっかり読み込むながら内容理解に繋げる方法です。トップダウン型は絵をみて内容を大まかに理解してから英語に入っていくという方法です。

 2つのアプローチ

ボトムアップ 文字をおぼえ、単語を覚え、文を読む

トップダウン 全体から部分へ。絵を見て状況を把握して、英文を理解する

初めはトップダウン型で大まかな流れを理解して、覚えられるものを少しずつ増やしていく方が負担がありません。受験勉強や訳読式の英語学習に慣れているママはボトムアップ型での学習をしがちですが、ざっくり読む方が子供の負担がなく長続きします。

小学校3・4年生の英語勉強法

小学3・4年生向け英語勉強法とやり方

2021.03.31

おうち英語 ママがやってはいけないアプローチ

2020.03.23

英語絵本にプラスする英語アプローチ

TPR(Total Physical  Responsive)

全身反応法はジェームズ・アッシャー教授が考案した外国語教授法です。TPRとして広く言語教育の場で使われています。動作をしながら言語を発音して意味を伝えたりします。

例えばWalk と行って歩いたり、sit downといいながら座ったりする教授法です。母語の習得と同じように動作とやりとりで自然と言葉を学んでいく、幼児向けの学習方法です。

リトミック・手遊び歌

手でアルファベットを作る a finger alphabet

ユーチューブで体を動かしながら歌ったり、手でアルファベットを作って一緒に遊んでみましょう。

まとめ

お気に入りの英語の絵本を見つけたら、暗記するほど何度も読みましょう。英語の絵本を読むときは3つのRを大切にしましょう。

Review  復習

Recycle リサイクル

Repeat  リピート

勉強するつもりがなくても繰り返し読むことだけで語彙や表現も定着していきます。

多読のやり方

幼児・小学生向けおうち英語 多読のやり方

2021.04.23
おしゃれな英語絵本

おしゃれで可愛い英語絵本5選

2021.04.18