産経オンライン英会話plusの口コミ・感想・無料体験レッスンレビュー

産経グループが提供するオンライン英会話Plusのレッスンを受けてみました。フジテレビや産経新聞を運営している産経グループが運営母体ということでしっかりとしたサポートやカリキュラムです。レッスンの仕組みやコスパ、講師の先生についてもレビューします。

みゅう
英会話教室っていっぱいあるから迷うよね
みわ
レッスンの流れやテキストや予約システムの使い勝手などをみてみて自分に合ったものを選ぼう!

 

産経オンライン英会話Plusとは

基本情報

産経グループが提供するオンライン英会話Plusは産経グループという大手が手がけるオンライン英会話スクールです。そのほか通信教育も運営しているヒューマンも協賛しています。

特徴はフレキシブルなレッスンシステムです。

家族で1アカウント分のレッスンを分け合える。

1日に12レッスンまで集中して受けることができるので、毎日レッスンが受けられない方でも週末に集中してレッスンを受けられる。

レッスンシステム

1000以上のテキストから自分に合ったものを選べます。AIによる音声判断や音声教材も利用できます。レッスンレポートもしてもらえるので学習の助けになります。英会話のレッスンだけではなく、会員になることで様々な学習教材を利用できる点はとても便利です。

オリジナルの音声通話システムを利用しているので、HPにログインしてすぐに利用することができます。スカイプやZOOMなどは必要ありません。

子ども専用のレッスンもあるので、ファミリーで分け合って授業を受けることも可能です。ママも英語を習いたいし、たまに子どもも参加するというフレキシブルな利用方法ができます。

講師

講師は、フィリピン、日本、中国、ネイティブ講師の中から選べます。中国人の先生からは英語と中国語を学ぶことができます。無料の学習コンサルもあるのでどのテキストを使ったら効果的に勉強できるかの相談もできます。

講師の国籍によって必要ポイントが異なります。

子どものレッスン専任の講師の先生も選択できます。

カリキュラム

検定試験、ビジネス、英会話など目的別のテキストやコースが網羅されています。CAの就職試験コースや教科書準拠教材、キッズ向け教材などもあります。自分のレベルに応じたテキストの選び方も公開されているので興味のある分野かつ学習レベルに応じた教材を選ぶことができます。

コスパと料金システム

ポイントを購入するシステムになっています。フィリピン人講師のレッスンポイントを基準として回数が10回コース、毎日コース、1日2回コースという3体制になっています。フィリピン人講師を選んだ場合1日200円ほどのコスパになります。

ネイティブ講師や日本人講師なら一気に必要ポイントが上がってしまい、1回2000円ほどのになってしまいます。一応オプションとして設定はありますが、コスパの面から考えてもフィリピン人講師一択となると思います。

産経オンライン英会話 plus 公式HPより

無料体験レッスン受講の感想

無料体験レッスンはなんと4回もあり、英語2回、中国語、学習コンサル、キッズ英会話などを無料でお試しできます。英語に苦手意識のある方なら初回は日本人による学習コンサルを受けてレッスンの流れやおすすめテキストを調べてから英語の予約をするのがおすすめです。

無料体験レッスン受講の流れ

まずは無料体験レッスンのページからメールアドレスを登録します。クレジットカードの入力などは本登録の時にだけですので、無料期間で課金されることはありません。

レッスンの予約をします。日にちやテキストでスクリーニングするとたくさんの講師の方が紹介されて好きな講師を選択することができます。

初めはどの教材があっているかはわかりにくいので、トライアルレッスンがおすすめです。トライアふはAとBの2種類あります。トライアルレッスンを受けると講師から自分のレベルに合ったおすすめ教材を紹介してもらったり、レッスンレポートももらえます。

講師やテキストの印象

講師の方は優しく感じの良い方でした。テキストもどこからみたら良いかわからない!ということがなく、講師の方が画面共有してくれるので迷うことがありません。英会話教室によってはテキストを購入しなくてはいけないコースがありまが、産経オンライン英会話の場合は全てネット上にあり、講師の方が画面共有してくれるので安心です。

レッスンは全てマニュアル化されていて、会話のリピート、ロールプレイ、クエスチョンの順番で進みます。一度レッスン形式に慣れると新しい表現を覚えたり、使いこなすのも簡単になります。

ABOUTこの記事をかいた人

旅と語学が好きな5歳と3歳の子のママです。

楽しくて学びになる旅育を実践中

楽しい旅育スポットや英語教育・マイル術などをシェアしています。