ワーママ必見!育休復帰から共働きを成功させるコツ

共働きルール

共働きを成功させるコツは協力体制。育休中に女性が家事育児を一身に背負っているなら、復職まで共働きルール作りが必要です。ルールを作る時は分担よりも意識の共有がポイントです。家事育児の負担は育休を取得した方に偏りがちです。そのままでは、復職してからママが大変すぎるので、分担にルール作りが大切。パパが育児に消極的な原因と対策、復職前にやっておくべきことをまとめました。

Myu
育休中はママが家事負担してる場合がほとんどだよね。
Miwa
だからこそ復職後の分担ルール作りが大切!

パパが家事・育児に消極的な原因と対策

「家事や子育ては女性の仕事」と思い込んでいる男性は多く、その前提から変えてもらう必要があります。女性も良い母、良い妻像にとらわれてキャパ以上の家事育児負担を負いがちになります。女性の負担が大きすぎると、心身の健康の悪化、夫婦仲の悪化などが起きて、結果子供にも影響してきます。まずは男性が育児に消極的な原因を知って先手を打っておきましょう。

やり方がわからない

まずはやり方を教える。マニュアルを作る。定期的にパパのワンオペの日を作ってママに頼れないようにする。

ママが完璧すぎる

ママがなんでも手際よくやっているとパパはいじけモードに入ります。家事では自分の勝ち目はないとやる気が出なくなります。ちゃんとできなくても夫にケチをつけたり、ディスったりしないようにします。「これ、美味しかったよ」とお世辞をたくさん言います。

子どもが、「ママがいい」と言う

パパの参加度が低い場合子どもは「ママがいい」と言います。それでママに任せるとさらにパパの参加度が低くなり、負のスパイラルへ。少しでもパパが抱っこする時間や遊んであげる時間を増やすことでパパへの信頼度を増やすことが解決策です。「ママがいい」と言われると男性はショックらしいので、「パパのこと好きだよ」とママが伝えてあげることで自信を持たせてあげることも効果的です。

家事育児は女の仕事だと思っている

なんども粘りつよく主張したり、夫が協力的な家族と家族ぐるみで付き合って考えを変えてもらいます。

育休からのお仕事復帰 絶対役立つお助けサービス

2020.03.25

家事分担のルール作り

一言で共働きといっても、勤務時間、仕事内容、収入、考え方、得意不得意が違うので、家事分担に正解はありません。自分たちの家庭にあったオリジナルのルール作りが大切!

家事分担表をつける

男性は「家事のやり方がわからない」という場合も多いので、なるべき、細かく分担表を作ります。

  • 朝食作り
  • 子どもの着替えと園の持ち物準備(水筒を準備する、忘れ物がないか確認)
  • 食事の片付け
  • 園に送る
  • 自分の支度

  • お迎え
  • 夕食作り(子どもと遊びながら)
  • 食事の片付け
  • お風呂に入れる(体を拭く、着替えさせる)
  • 寝かしつけする(絵本を読む)
  • 園の準備(オムツに名前を書く、タオルを入れ替える、着替えを入れ替える、連絡ノートを書く、集金や持ち物への記名)
  • 洗濯物を干す
  • 洗濯物をたたむ
  • 洗濯物を洗濯する
  • 食材の注文をする
  • 足りないものの買い足し
保活のコツ

ワーママの保活マニュアル 失敗しない保育園選びとスケジュール

2021.06.17

育休復職前に決めておくこと

食材の調達方法

平日は買い物に行く時間がないので、週末に買いだめするか、食材の配達サービスを利用します。生協やネットスーパー、お取り寄せなどが便利です。足りない分は帰り道に少し買い足しします。

私の場合は、水曜日に生協で届いた食材を木・金・土で使い切り、日曜日に買いだめして、月・火・水の食事で使い切ると言うサイクルにしています。週1回外食の日にして家事を休む日を作ると息抜きになります。

ワーママのお買い物を時短に!使って良かった食材宅配サービス 

2020.07.08

家事分担のシミュレーション

家事分担リストを作って、誰がやるかといつやるかの時間軸に落とし込むまで具体的に決めておくと、動きやすくなります。分担リストに時間軸をプラスします。忙しい時期には分担割合を変えたり、復職前と後で修正していくことも大切です。

病気になった時の対策

子供を園に預けると必ず熱を出したりなど、園に通えない日が出てきます。その時に、どちらがどのくらい休むことができるかを毎週1回話し合って調整することが必要になります。祖父祖母に頼れるのか、病児保育育児やシッターが利用できるのか、住む地域や人によって協力体制が異なるので、自分たちの家族にあった対策をあらかじめ考えておきましょう。

保活のコツ

ワーママの保活マニュアル 失敗しない保育園選びとスケジュール

2021.06.17

夫婦の連絡体制

連絡する際にはメール、メッセージ、LINEなど何を利用して連絡をとるのかを決めておき、カレンダー共有アプリや書類をスキャンして共有できるアプリなどを活用すると便利です。保育園の送り迎え担当、残業、出張、休日勤務、保育園行事、乳児健診などのイベントを書き込んで共有します。絶対外せない会議なども書いておくと、急な子供の病気などに備えて、お互いに予定を調整しておくこともできます。

職場との連携

復帰前の打ち合わせで確認することは何をどこまで期待されているかなどの業務内容と希望や不安を伝えることです。職場の先輩たちがどうしているかの情報収集も大切です。勤務時間、残業の有無、困っていること、その後のキャリアなども調べておきましょう。

働く時間も確認しましょう。時短勤務を利用できるのか、できない場合は保育園のお迎えがあり基本的には決まった時間に仕事を切り上げなければいけないこと、子供の病気で急な早退や欠勤があることは伝えておきます。

残業はできるか、子供の病気の時はどうなるか、保育園の開園時間、パートナーの勤務状況、実家のサポート、そのほかのサービスの利用の有無についても違ってきますので、自分の状況を具体的に伝えておくと理解と協力が得やすくなります。

職場との連携は女性だけでなく、男性も子育てしていることを上司や同僚に伝えて理解を得ることが大切です。

ワーママのキャリアプラン

マインドから整える働くママのキャリアプラン

2021.05.25

まとめ

育児をしながら仕事をするのはとても大変です。女性一人に負担がかかることがないように家族での協力や職場の理解が不可欠になります。ママが頑張るポイントは「大変な思いをして一人こなす」ことではなく、協力体制づくりです。

仕事辞めたい

ワーママが「会社辞めたい」と思ったら・・・

2021.07.05

ワーママにも読んでほしい!ロバートキヨサキのキャッシュフロークワドラントの読み方

2021.07.04