航空会社のアライアンスとは

全日空の飛行機に乗るとよく聞く「本日は、スターアライアンスグループへのご登場ありがとうございました」アライアンスってなに?アライアンスとは仲良しグループのことです。世界には3大アラインアンスがあります。ちなみにJALはワンワールドというANAとは別のアライアンスに所属しています。今日は航空会社の仲良しグループであるアライアンスをわかりやすく解説します。

アライアンスとは

アライアンスとは航空会社の仲良しグループのことで、マイルの融通や共同運行やカウンター業務の提携などを行っています。世界の航空会社のほとんどはどこかのアライアンスに所属していますが、数は少ないですが、独立系の航空会社もあります。

3大アライアンスとは

世界には3つのアライアンスがあります。ANAのある「スターアライアンス」、JALのある「ワンワールド」日本の航空会社が入っていない「スカイチーム」。の3つです。

Star alliance スターアライアンス(26社)

oneworldワンワールド(13社)

Sky team スカイチーム(19社)

日本の航空会社はありませんが、大韓航空やエールフランスなどが所属するスカイチーム。クレジットカード会員になるとラウンジが一年間無料で各航空会社のラウンジを使うことができます。

アライアンスを知っておくと良い理由

アライアンスを知っておくとマイルを手に入れる上でも、使用する上でも便利だからです。

例えば、スカンジナビア航空を利用する際はANAと同じスターアライアンスに所属しているため、ANAのマイルカードを提示するとANAのマイルを貯めることができます。もし、同じアライアンスか知らなければ、マイルを手に入れるチャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

特典航空券を手に入れる際にも、ANAだけでななく、同じアライアンスに所属する航空会社のチケットを手配することができます。

そのほか、世界一周航空券を買う場合は同じアライアンス内でのチケットの手配となるので、知っているとどの航空会社のどの便をとったらいいのかを見つけやすくなります。

まとめ

アライアンスを知っておくと世界一周するときや、ANA・JAL以外の飛行機に乗るときもマイルが貯めやすくなります。