ANAとJAL コロナ時代にお得にマイル旅する方法

コロナ時代にマイルをお得に使う方法

マイルは国際線チケットとの交換がお得なのに・・・コロナの影響でしばらく海外旅行に行けない。そんな今、マイルを最もお得に使う手段として国内線のマイルに使い方をANAとJALを比較してみました。少ないマイル数で航空券との交換ができたり、ファミリーやグループの旅行を安くする方法があります。

Miwa
しばらく海外旅行に行けないなら、国内旅行もいいよね。
Myu
せっかくだから、マイル単価がお得になる旅がしたいな。

コロナ時代にANAマイルでお得にマイル旅する方法

ANAには国内旅行でお得に使えるマイルプランが2つあります。「今週のトクたびマイル」と「いっしょにマイル割」です。

ANAの今週のトク旅マイルとは

毎週火曜日に路線が発表され、水曜の0:00から予約開始されるお得に特典航空券が発券できるサービス。片道3000~7000マイルの間で発券できる路線があります。例えば、東京ー大館能代(3000マイル)大阪ー宮崎(3000マイル)大阪ー高知(7000マイル)などその時にお得な路線を選ぶことができます。メリットは東京発着以外にもいろんな路線があるということ。東京ー那覇は片道6000マイルですが、ほぼ毎週のように出ているのでとてもお得ですね。普通に購入すると2~3万円ほどする航空券が6000マイルで手に入るのでとてもリーズナブルです。

ANAのいっしょにマイル割とは

期間中、ANAマイレージクラブ会員を含む2名様以上4名様までのグループで同一便に搭乗し、同一区間を往復する場合に、会員ご本人様(1名のみ)は往復10,000マイル、同行される方は往復19,400円~36,600円にてご利用いただけます。

ANAの特典航空券予約ページより

同行する人の運賃は期間やシーズンによって異なります。例えば東京ー札幌なら往復でピーク時は30,000円、通常は26000円ほどです。注意点は予約日に全員分の航空券の購入が必要なこと。旅行がキャンセルになってしまったときは手数料440円がかかり、運賃の50%しか払い戻しされません。小児料金がないので、子供は別予約でとったほうが良い場合もあります。同行者のマイル積算率は75%になりいます。

コロナ時代のJALマイルでお得にマイル旅する方法

JALどこかにマイル

出発日時と人数だけ決めて予約することによって、往復6000マイルで国内旅行できるサービス。行き先はJALにおまかせで決まります。予約の時に4つの候補が出てくるので、この候補の中だったら行きたい!と思ったら予約しましょう。どれに当たるかわからないので、サプライズ旅行にもおすすめ。路線はお申し込みから3日以内に通知がきます。発着便は羽田・伊丹・関西・福岡に限られます。出発時間と帰る時間は選べるので予定が立てやすいですし、日帰りのプランニングも可能です。

Myu
11月の週末、東京からだと札幌、那覇、高知、三沢の4つが「おすすめ」と出てきたよ。

どこかにマイル南の島

沖縄(那覇)・鹿児島から離島へ往復6000行けるプラン。どこに行けるかはこちらもおまかせ。

対象路線はこちら

沖縄(那覇)- 奄美大島・沖永良部*・与論・南大東・北大東・久米島・宮古・石垣・与那国

鹿児島-種子島・屋久島・喜界島・奄美大島・徳之島・沖永良部・与論

おとdeマイル

マイル会員は往復10,000マイル、同行者は往復15,000円~36,600円(最大3人ま)で航空券が購入できるサービス。変更不可、年末年始12月25日~1月3日の設定はありません。JALの場合は55日前なら手数料が440円だけで全額払い戻しが可能です。日程により異なっています。ANAと同じで、取り消しの場合のマイルは消滅してしまいます。予約は搭乗日の330日前の午前9:30から搭乗日の4日前まで可能です。

マイルをもっと有効活用したい!どうせならお得に行きたい国内旅行。マイルの使い道に困っていたら、ぜひこのプランも検討してみてください。

ANA JAL マイル

お買い物はどっち派?ママに便利なお買い物スポットで見る♡ANA・JALの経済圏

2020.07.09