株主優待を使って安く飛行機に乗る方法

ANA/JAL株主優待券

ANAやJALの株主でなくても株主優待券を使ってリーズナブルに旅行することができることをご存知ですか?株主になって優待券を手に入れる方法もありますが、メルカリやヤフオクでも株主優待券を購入してて入れることも可能なんです。株主優待券の相場は時期によっても違いますが、だいたい一枚、1500円~2000円くらいです。 バリュー切符の方が安い場合もありますが、株主優待料金でチケットを買うとチケットのキャンセルや変更が柔軟にできるというメリットがあります。

ANAの株主優待券

ANAの株式を100株取得していると1枚の優待券を手に入れることができます。株主優待券は普通料金の50%OFFの価格で国内線に登場することができます。株主優待券があると株主優待料金で飛行機に乗ることができます。有効期限は約1年ですが、メルカリなどで購入する場合は有効期限が短くなっている可能性もあるので、有効期限に注意しましょう。

当社では、3月末、9月末に100株以上を保有されている株主の皆様に、ANAグループをもっとご愛顧いただくために、ANA国内線のご搭乗優待をはじめ、ANAグループ各社・提携ホテルでご利用になれる株主優待を各種ご用意しております。

3月には配当金もあります。(今期はコロナの影響のため配当金は出ないようです)

株主優待券の有効期限

株主優待券の有効期限は搭乗できる期限になります。予約できる期間ではありません。旅程の全てが有効期間内に収まる必要があります。

株主優待券を使った予約方法

株主優待料金を選択して、優待券にある番号を登録します。優待券の番号は見えないようになってるので、スクラッチを削って入力します。

株主優待料金がお得なパターンは?

料金を比べると、早く予定が決まっている場合は、バリュー料金がお得になってしまいます。直前の予約や、予定を変更する可能性のある場合は株主優待券の使い勝手が良いです。

例えば、小さな子連れでの旅行の場合は、急な体調不良により旅程の変更をすることもありますが、そんな時は柔軟に対応できる株主優待券での予約が安心です。

ANA航空券の料金体系

普通運賃・バリュー切符・株主割引・ビジネス切符いろいろな種類があります。

2021年2月の週末にの羽田ー那覇の料金を例に見てみると、普通運賃は46,000円で株主割引は23,000円ほどです。一番安い切符である28日前のバリュー28での予約した場合は9500円と早い予約ほど格安になります。

バリュー切符は安い分変更やキャンセルが不可になるので、デメリットもあります。株主割引切符はチケットの変更が柔軟であり、バリュー切符が取れなかった時に少しでも安く手にいれる手段として使うことができます。

ANA JAL マイル

お買い物はどっち派?ママに便利なお買い物スポットで見る♡ANA・JALの経済圏

2020.07.09

忙しいワーママでもできる!マイルを貯める方法

2020.06.15

JALの株主優待券

JALについても規定はANAとだいたい同じです。100株で1枚の株主優待券、使用期限は両社とも長くなっています。3月と9月の末日まで保有していると6月からと12月から使える株主優待券が付与されます。

JALの場合はツアーの割引券(5%~7%)ももらうことができます。100株の場合は年1回、200株以上の場合は年2回付与されます。

2020年11月発行分以降の株主割引券の有効期間を「1年」から「1年半」へ変更されました。

株主優待券を使った予約予約

ご搭乗日の最大330日前の午前9時30分からご搭乗日当日まで予約が可能です。JALも予約時に株主優待券に書かれたパスワードを入力してインターネット予約をすることができます・

株主優待券がお得になるパターンは

JALには先得割引と得便割引という2種類の割引料金があります。株主優待券は正規料金と比べて半額の料金で乗れるとはいえ、早期割引やその他の割引の方が安くなる場合もたくさんあります。早期予約割引を安いのですがキャンセルや変更に対応していない場合もあるので注意が必要です。

先得割引と得便割引の違いは?

先得割引は事前予約の期間が前になるほどお得になる切符で、得便割引は空席が多い便ほど割安になる割引です。人気の低い路線ほど安く設定されています。

先得割引と株主優待割引どっちがお得?

旅程が前に決まっている場合はJALの場合も先得割り引きの方がお得になります。

JALマイルためkた

主婦目線で見るJALマイルの貯め方・使い方

2020.12.22

子連れ旅で株主優待券を使うときの注意点

小児運賃はもともと大人運賃の50%に設定されているため、株主優待割引で予約するメリットがほとんどありません。子連れの場合は大人の料金のみで利用するとお得感があります。子連れ旅は子供の体調次第で旅程を変更することもあるので、変更やキャンセルに柔軟してもらえる株主優待料金はは便利です。

まとめ

旅行の日程に余裕がない時や柔軟に旅程を変更したい場合は株主割引がお得です。あらかじめ旅程が決まっていてキャンセルや変更の可能性が低いなら、各社の早期割引を使う方がお得になります。