マイルを貯めるなら楽天ANAカード・楽天カードどっち?

楽天でよくお買い物をされる方なら持っている「楽天カード」。楽天カードでお買い物するとSPUもたまりやすくなりますよね。でも種類がたくさんあるからどれがいいのか迷います。楽天カードでは楽天ANAマイレージカードというマイルが貯まるカードがありますが、他のカードとの違いやメリットデメリットを比較しました。

Myu
楽天カードっていろんな種類があるよね?どれがいいのかな?
Miwa
楽天市場の利用頻度やマイルメインか・ポイントメインかで選ぶといいよ

楽天カードの種類 

楽天カードの種類は、銀行と一緒になったカードやアルペンカードなど種類が多いのですが、今回は利用者が多いと想定されるこのカードを5種類ピックUPします。

5つの楽天カードを比較

楽天カード

年会費無料で持っていると楽天での買い物の楽天ポイントが増えるカードです。

楽天カードは楽天銀行で投資信託を買うときにも使うことができます。カード払いだと投資信託の購入にもポイントがつくのでとてもお得です。銀行・証券・カードを連携させるとポイントが雪だるま式に増えるので連携して使うとお得になります。

PINKを選択すると可愛いカードデザインも選べます。別途330円プラスすると楽天市場の500円の割引などが受けられるのが魅力です。ヘビーユーザーさんには嬉しいサービスです。

楽天ANAマイレージカード(年会費550円年1回使用すれば無料)

楽天ANAマイレージカードを持ってANAマイルコースを選択すると自動的にマイルに移行してくれるので楽です。現在楽天カードをお持ちの方は移行手数料が1100円発生してまうことと、ゴールド、プレミアムバージョンがないという点がデメリットです。

楽天ゴールド(年会費2200円)

国内の空港ラウンジが2回まで使用可能で、楽天ポイント2倍(2%還元)になるので楽天市場でのお買い物が多い方(年間で11万円以上する)という方は年会費の元が取れます。ふるさと納税などを楽天ですると意外に11万円はすぐ達成できる額だと思います。

ゴールドカード2021年4月から改悪

ポイントの還元率が普通カードと同じになります。これから持つ人は要検討を。お誕生日月サービスが始まりますが、20万円以上使わないと元が取れない計算になります。

楽天プレミアム(年会費11000円)

ポイント還元率も2%と普通カードよりも多くなります。年会費は高額ですが、世界の空港のラウンジが無料で使えるプライオリティーパスがつくので海外旅行好きにはとてもお得なカードです。プライオリティーパスは3万以上するのでプライオィティーパスの代わりに楽天プレミアムで済ますという方もいるそうです。

空港ラウンジの種類と利用方法

2020.03.28

楽天ポイントとANAマイルと交換するときの注意点

楽天ANAカード以外だと交換できるのは1日1000ポイント→500マイルまでなので、大量マイルに交換するときは手続きが面倒です。

  • 交換できるのは1日1000ポイントまで
  • 期間限定ポイントはマイルにはできない。

マイルがたまるアプリ

マイルのたまる無料アプリ

2021.01.01
楽天 ANAマイル

ANAマイルも貯まる楽天経済圏を100%活用する方法

2020.07.31