マイレージプログラムの選び方

日本だと日本航空(JAL)はJMB 全日空(ANA)はマイレージ。海外だとブリティッシュエアウエイズ(BA)ユナイテッド航空(UA)のマイレージプラスプラス、大韓航空のなど各社がマイレージプログラムがありますよね。どのマイレージプログラムが貯めやすく、どんな使い方があるのでしょうか。マイレージプログラムの選び方をみていきましょう。

マイレージプログラムを選ぶ5つのポイント

マイルが貯めやすい航空会社で選ぶ

ANAの場合、JALよりより高いれーとでポイントサイトからマイルに交換可能です。だから初心者さんはANAからスタートするのがおすすめ。もちろん、JALが好きで、路線が便利などJALからスタートしてもOKです。JALの場合はモッピーからJALへポイント交換が便利で簡単です。ANAなら各種ポイントサイトからドットマネー、東急ポイントを経由してマイルにするので、手間がかかりますが、交換率がJALよりは高くなります。

よく使うポイントで選ぶ

ANAとJALを比較するとANAの方が提携しているポイントが多いので貯めやすいですが、よく使うお店のポイントで選ぶと効率よくポイントをマイルに変えることができます。


ポイント
ANA
JAL
備考
楽天スーパーポイント 50%
楽天カードを使ったり、キャンペーンでポイントを増やせば還元率UP。
Tポイント 50%
ウエルシア、島忠ホームズなど貯められるお店が多い。ポイントを経由すれば67%にもできる!
Pontaポイント

50% ローソン、じゃらん、ホットペッパーなどでたまる。
JMB WAON
50% イオン系列のお店。ボーナスポイントのある商品ややポイント倍増の日を狙って買い物すると還元率が50%以上に!
nanacoポイント 50%
セブン&アイ セブンイレブン
ビックポイント 67% 60% ビックカメラの家電ポイント

よく使う路線で選ぶ

住んでいる場所やよく使う路線があるなど、それぞれ便利な航空会社が違うと思います。お住まいの地域や行きたい場所の路線がある航空会社のマイレージプロブラムから始めると良いと思います。

マイレージの期限で選ぶ

日本の航空会社の場合、マイレージの期限は3年間です。一方海外の航空会社だとマイレージの会社が無期限のところもあります。UAのマイルは無期限なので、子どものマイレージをANAではなく同じアライアンスのUAで貯めて、子どもの時からのマイルを大人になってから使う!という使い方が可能になります。

バイマイル(マイルの購入できるか)で選ぶ

海外の航空会社ではマイルを購入できるサービス(バイマイル)があり、年に数回セールを実施しています。ポイントはセールの時に購入すると割安にマイルが手に入ります。「海外の航空会社のマイルを買っても使えるの?という方も心配ご無用。同じアライアンスであればANAやJALの航空券も特典航空券として発券できます。しかも、海外航空会社の方が特典航空券も取りやすく、ビジネスクラスやファーストクラスも少ないマイルで発券することもできることもあります。なぜマイルをわざわざ購入するかというと、現金で航空券を購入するより、マイルで航空券を手に入れたほうが安く済む場合があるからです。例えば、ビジネスクラスを利用するときや直前に購入する場合、フレキシブルチケットが欲しい時には正規の航空券だととても高くなってしまいます。そんな時にマイルを利用すればリーズナブルに発券できます。

どの航空会社のマイレージにもなる!SPGカードは最強!

SPGカードのポイントプログラム(マリオットボンボイ)のポイントは世界の40以上の航空会社のマイレージと交換が可能です!しかも交換率が1.25%になります!ANAカードやJALカードなどマイルがたまる航空会社のカードもありますが、必要な時に必要な航空会社のマイルに交換できるこのカードが陸マイラーさんたちにの間ではとても人気なんです!

 このカードの凄さはマイルを貯めてから改めて感じますよ。ホテルのカードなので更新時の特典で高級ホテルに一泊無料で宿泊することができます。年会費は税別31,000円と高額ですが、それ以上の高級ホテルに泊まることが可能なので絶対に損はしません。そしてマリオットの上級ステイタスになれるのでレイトチェックインやお部屋のグレードアップも無料。このダイヤモンドステータスは普通なら年間15泊以上宿泊するお客様限定でいただけるステータスなんですが、このカードを持つだけでそのステータスが自動でついてきます。

入会ポイントも充実していて、私からの紹介での入会と10万円の決済で39000ポイント(13000マイルもしくは無料宿泊1泊分)になります。

SPGカード はじめてガイド

SPGカード1年生、特典・予約・アプリ「はじめてガイド」

2020.07.12

SPGカード1年目の更新 無料宿泊のサーティフィケイトの使い方

2020.03.15

UA(ユナイテッド航空)のマイレージの活用方法

海外の航空会社は日本と少し制度が変わっていて、例えばユナイテッド航空のマイレージプラスの場合はバイマイルのセール時でマイルを購入するとマイル単価は1マイル=2.1円ほどになります。このマイルを利用して同じアライアンスのANAの航空券を発券することができます。しかも必要マイルはANAのマイルより少ない価格で交換ができるのです!ユナイテッド航空は2019年必要マイルが変動制(シーズンではなく、混雑予想に基づいて必要マイルが決まる!)を採用するようになりましたが、まだまだビジネスクラスを発券する場合は航空券を購入するよりは安くすみます。

ユナイテッド航空のセゾンマイレージプラスカードは還元率1・5マイル高く、有効期限もないので、メイン決済用カードにしてゆっくりマイルを貯めてANAの特典航空券と交換するという使い方もできます。年会費は1650円で更新すると500マイルもらえます。