マイルを貯めるならマイレージモールそれともポイントサイト?

ポイントサイト・マイレージモールお得

ネット上のお買い物の際はポイントサイトを活用してますか?ポイントサイトやマイレージモール経由で少しずつでもポイントやマイルを貯めることができるからとってもお得。ポイントサイトのほか、クレジットカードが運営してるネット上のショッピングモールもあります。「でもどこを経由したら1番いいの?」今回はポイントサイトとマイレージモール、クレジットカードのショッピングサイトなどを徹底比較しどこがお得なのかを検証します。

Myu
お買い物の際にはポイントサイトかマイレージモールを経由するか迷うな・・・
Miwa
簡単をとるか?お得をとるか?だよね!ANAかJALによってもどこが簡単でお得かが変わってるよ。

ポイントサイトとは

ポイントサイトは消費者が広告を利用することによって企業の広告料の一部が消費者に還元される仕組みで運営されています。ハピタスやモッピー ポイントインカム、ポイントタウン、ちょびリッチ・・・たくさんのポイントサイトがあります。ポイントサイトや時期によってポイントの付与率が違います。

ポイントサイト
ポイントサイト

忙しいワーママにも簡単!人気のポイントサイトでマイルを貯めてみよう

2020.11.30

ポイントサイトのメリット・デメリット

メリット

ポイントサイトの場合はポイントの交換バリエーションがたくさんあることです。よく使うポイントに交換して、コンビニやお店で使用することもできますし、マイルに交換することも可能です。お店の数も多いので、選びやすいこともメリットの一つです。

デメリット

マイルに交換する場合はいろんなポイントを経由してマイルに交換するという手続きが面倒です。ANAマイルの場合はドットマネーでアカウントを作り、ANA東急カード(クレジットカード)を発行する必要もあります。マイルにするためには時間もかかります。

ポイントサイトで付与されるポイントはどれくらい?

楽天やAmazonでの買い物は購入金額の1%ほどです。

マイレージモールとは

マイレージモールは航空会社が運営するネットモールです。ANAとJALどちらもマイレージモールがあります。参加しているお店も微妙に異なっています。例えばANAマイレージモールにはAmazonはありませんが、JALにはあります。Amazonをよく利用する方はJALマイルを貯めることができます。

マイレージモールで付与されるマイルはどれくらい?

ANAマイレージモールの場合

楽天 200円で1マイル

セブンネットショップ 100円で1マイル

ヤフーショッピング 300円で1マイル

ユニクロ 300円で1マイル

JALマイレージモールの場合

JALのマイレージモールにはAmazonやイオンネットショップもあります。Amazon 200円で1マイル。楽天市場、ヤフーショッピング、ユニクロ、GUなどはANAと同じです。アマゾンでのお買い物がとてもお得です。↓

〔Visa提供〕JAL・Visaカード会員限定 Amazonマイルアップキャンペーン実施中!


2020年12月1日~2021年2月28日 ※期間中の発送完了分が対象
期間中にJALカード会員専用サイトMyJALCARDにて参加登録のうえ、JALマイレージモールを経由してAmazonのサイトで購入すると、通常200円ごとに1マイルのところ、200円ごとに4マイルをプレゼント!JALカードで決済すると、200円ごとに最大6マイル*がたまります!
*JALカードショッピングマイル・プレミアムにご入会の場合 

その他のオンラインモール

永久不滅ポイントのショッピングモール

1000円につき1ポイント。セゾンカードを持っているとお店によっては2倍~5倍の永久不滅ポイントがもらえます。

ママ必見セゾン優待の使い方

子育てママ必見!永久不滅ポイントとセゾン優待のお得な使い方

2020.11.29

JCBの運営するOkidokiランド

サイトを経由して買い物をカード決済するとOkidokiポイントが通常よりUPします。例えば楽天、Amazon、ユニクロらな2倍、成城石井なら11倍とお店によってポイント数も異なります。

楽天リーベイツ

楽天が運営するポイントサイトです。経由すると楽天ポイントがたまります。楽天は個人商店が集まっています。例えばロクシタンのハンドクリームを買いたい場合、楽天市場からだと小売りの商店からの購入になりますが、ロクシタンの公式サイトからの購入したい場合は楽天リーベイツを経由するとポイントもつき、公式サイトの利用も可能になります。楽天リーベーツの良い点はポイントバック率が良いことです。例えばユニクロでの買い物の還元率は2%です。

楽天 ANAマイル

ANAマイルも貯まる楽天経済圏を100%活用する方法

2020.07.31

どこを経由するか選ぶときのポイントは?

サイトによってはポイントの付与率が高くなるキャンペーンが行われているので、余裕があるときは比較してみましょう。

マイルが目的なら、購入金額が直接マイルに反映されるマイレージモールがとても便利。

現金やその他ポイントとして使いたいという場合はポイントサイト。コンビニでのちょっとした買い物は全てポイント支払いにしたり、ウエルシアで1.5倍で使うなどルールを決めれば節約にもなります。

クレジット会社のオンラインモールはポイントUPしている案件以外はあまり還元率がよくないなという感じです。

楽天でのお買い物が好きで楽天ポイントを貯めてる方は楽天リーベイツ。楽天ポイントはANAマイルと交換したり、投資やショッピングでも使えるので使いやすいポイントです。

まとめ

 ポイントサイトのポイントはANAの場合は75%の割合でマイルに、JALの場合は50%の割合でマイルになります。ハピタスやモッピー のキャンペーンを利用するとさらにポイントのマイルへの還元率が高くなるのでお買い物ならポイントサイトがオススメです。ポイントサイトは利用できるお店もマイレージモールより多いので買い物も利用しやすいです。たとえは楽天で10,000円のお買い物はマイレージモールを通すと50マイル、ポイントサイトは100ポイント(ANAは75マイル、JALは50マイル)となりポイントサイトがお得です。JALマイルをためている場合はマイレージモールを使った方が手続きが楽です。