特典航空券の予約開始時期とキャンセル料ーANAとJAL徹底比較

特典航空券の予約開始時期とキャンセル料

マイルがたまってくると、気になる予約方法。「いつから予約できるの?」「キャンセル料はかかるのかな?」「ANAとJALって予約方法に違いがあるのかな」予約に関する疑問が湧いてくると思います。この記事ではANAとJALの予約開始時期とキャンセル料などを比較しました。

ANA特典航空券の予約開始時期とキャンセル料

特典航空券の予約開始時期 国内線の場合

期間ごとの一斉予約開始後*1から搭乗前日まで
年2回、運航ダイヤ期間ごとに一斉発売を行います。
夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日)ご搭乗分:1月下旬頃発売予定
冬ダイヤ(10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日ご搭乗分):8月下旬頃発売予定

ANAの場合は上級会員の方から予約できる日時が早く設定されているので、上級会員になりたい!とマイル修行も人気です。

特典航空券の予約開始時期 国際線の場合

国際線は復路搭乗日の355日前9:00から第一区間出発の96時間前まで。

旅行開始日から1年間(発券から1年以内に旅行を開始することが必要です)

子どもの分の特典航空券を予約する場合

子どもの分のチケットをマイルで予約する場合も、大人と同じマイル数が必要です。2歳未満で席を利用しない場合は、国際線の場合は大人の10%のマイルが必要になり、「特典利用者登録」が必要になります。

座席が必要なくても手続きが必要です

座席を使用しない幼児旅客の航空券ご購入は、お電話のみで受け付けております。大人の方の特典航空券をご予約いただいたのち、お電話にてお申し込みください。

ANAのHPより

発券手数料はウェブサイトからは無料ですが、電話予約の場合は2200円かかります。1年以内の予約の変更は無料ですが、払い戻しは3000マイルの手数料がかかります。

忙しいワーママでもできる!マイルを貯める方法

2020.06.15

TOKYUルートでマイルを貯める

2019.11.01

JAL特典航空券の予約開始時期とキャンセル料

特典航空券の予約開始時期 国内線の場合 

330日前の9:30から予約可能

特典航空券の予約開始時期 国際線の場合

360日前の10:00から予約可能

特典航空券の予約の変更・払い戻し

JALの場合は変更希望便出発日の前日まで、かつ元のご予約便の出発時間前まで(JAL Webサイトでは出発時間の20分前まで)変更が可能で、日付、同区間の便名、クラスのみ変更が可能です。国際線の予約の変更はできないので、一旦キャンセル・払い戻しを経て、サイド予約が必要です。払い戻しは手数料が国内線・国際線ともに3100円かかります。クレジット払いのみに対応してます。

年末年始や夏休み、連休などの期間は予約開始同時に申し込みをしないとなかなか取れないと言われる特典航空券。旅行の計画は早めに立てておくのがポイントです。払い戻しの場合、ANAはマイルでJALは料金がかかります。ANAは国際線の変更が無料で可能ですが、JALの場合は払い戻しをして再度予約する必要があるという点が異なります。

JALマイルためkた

主婦目線で見るJALマイルの貯め方・使い方

2020.12.22

ANAとJALの特典航空券予約比較表

こちらがANAとJALの特典航空券の予約や利用方法の違いがわかる早見表です。


ANAJAL
払い戻し手数料3000マイル手数料3100円のクレジット払い
国内線の予約変更
国際線の予約変更×
発券方法国際線は往復発券国内・国際線ともに片道発券可能
お得なマイル3000マイルからチケットがgetできる「トク旅マイル」往復6000マイルで「どこかにマイル」
予約開始日(国内線)1月と8月の発売日330日前
予約開始日(国際線)
335日前360日前
マイルの使い方

ANA・JAL徹底比較 必要マイルはどれくらい?

2020.12.04
コロナ時代にマイルをお得に使う方法

ANAとJAL コロナ時代にお得にマイル旅する方法

2020.11.23
ANA JAL マイル

お買い物はどっち派?ママに便利なお買い物スポットで見る♡ANA・JALの経済圏

2020.07.09

特典航空券の最大のメリットを活用しよう

マイルを使えば途中降機(ストップオーバー)とトランジットの組み合わせでたくさんの場所を周遊できます。マイルを使った国際線特典航空券には1回のストップオーバーと2回のトランジットが付いてきます。

特典航空券で利用できるストップオーバーとは

ストップオーバーとは第二目的地(滞在期間は1年以内)を設定する方法です。ANAの飛行機が発着していない都市でも同じアライアンスの飛行機を手配してもらえます。

例えば、シンガポールに行くときにバンコクでストップオーバーすれば同じマイル数でバンコクにも行くことができます!

東京ーシンガポールーバンコクー東京

東京ーシンガポールー東京 

この二つのルートは同じマイル数です。

特典航空券で利用できるトランジットとは

トランジットとは24時間以内の乗り換えのことです。一般的には空港内で乗り継ぎ時間を過ごすことが多いですが、あえて、長時間の乗り継ぎ便を利用すれば空港の外に出ることもできます。

例えば

東京ー香港ーシンガポールー香港ー東京

シンガポールへ行くために香港でトランジットして飲茶を食べて、マッサージや観光を楽しむこともできます。

ストップオーバーとトランジットを組み合わせる

ストップオーバーとトランジットを組み合わせると豪華な旅に!豪華な旅をプランニングしてみましょう。

例えば

東京ー沖縄ー香港ーシンガポールーバンコクー(ストップオーバー)シンガポールー香港ー沖縄ー東京ー沖縄と香港でトランジットしてシンガポールとバンコクへ行くと国内1箇所、海外3箇所を観光することができます。必要なマイルは東京ーシンガポールー東京と同じマイル数です。

トランジットやストップオーバーをする場合は、ネットだと表示されない便もあるため、電話予約の方が思い通りの旅程が立ちやすいです。あらかじめ乗る便名や時間などを決めておいてから空席があるかをお問い合わせしましょう。

空港ラウンジの種類と利用方法

2020.03.28