海外でも使いやすい!格安SIMにして春から節約

smartphone

新学期が始まり、子どもにスマホを持たせたりすると結構な出費・・・・という方も多いので死あはいでしょうか。格安SIMに乗り換えると通信費用が節約できますよね。SIMロック解除して入れば、海外旅行の際にもSIMカード差し込むだけで簡単に現地でスマホが使えて便利です。 ソフトバンクから格安SIMに乗り換えたら通信料が一月2500円節約になりました。1年で30000円ほど節約できることに!面倒と思っていた手続き!一回やってみると以外にカンタン!乗り換え方やSIM会社選びのポイントをまとめてみました。

毎月の自分の通信量をチェック

適切な通信量のプランになっているかをまず見直しました。私の場合は20Gのプラン月に6000円のものにはいってました。実は毎日の通信量を見直すと、20G以下のことが多く無駄に通信量の高いプランになっていたのです。乗り換えない場合でも自分の使っている通信量を見直すだけでも実は節約できます。格安SIMに乗り換えるときは通信量によってプランが細かく別れているので、まずは自分が月々どれくらい使っているのかをチェックしてからSIMの会社を選びましょう。

2年縛りの違約金をなくす方法

2019年から携帯電話会社がどんどん2年縛りの契約違約金を廃止する動きがありました。ソフトバンクも違約金がなくなりましたが、実は落とし穴が・・・・旧プランから違約金のない新プランに設定を変えて、更新されてからでなくては今まで通り9500円の違約金が請求されてしまいます。変更自体はネット上ですぐできるのですが、ニュースだけを聞くと誰でも違約金がかから何のかと勘違いしてしまいますよね。ソフトバンクをお使いの方は要注意です。

ソフトバンクの方はこちらのプランに乗り換えてから

乗り換えの手順
ここにコンテンツを記載

  1. 自分の通信量とプランをチェック!
  2. 格安SIM会社を選ぶ
  3. SIMロック解除をする
  4. MNP予約番号を手に入れる 
  5. SIM会社と契約する

格安SIM会社の選び方

全体の傾向として格安SIMの値段設定は松竹梅の3パターンというところが多かったです。

通信プランの松竹梅

S(3Gで1500円~2000円くらい) 

M(5~9Gで2000円~3000円くらい))

L(12~15Gで3000円~4000円くらい)

という料金設定が多いです。自分の通信量の平均にあった値段設定を選んでみましょう。

あとはライフスタイルによって選択するのがオススメです。

ライフスタイル別おすすめプラン

たくさん電話をかける・・・・・かけ放題プランが安い会社

月々の通信量が結構バラバラ・・通信量に応じて料金を毎月自動的に変えてくれる会社

ほとんどデーターを使わない・・最低料金の安いプランのある会社

たくさんデーター量を使う・・・大手キャリア 

SNSをたくさん使う・・・・・・SNS無料のプランのある会社

たくさん電話をかける

かけ放題プランのある会社

UQモバイルはかけ放題のプランが3パターンもあって電話をたくさんかけるという方には使いやすいと思います。24時間国内かけ放題で1700円、10分かけ放題が700円とかけ放題プランが一番お得でした。

月々の通信料がバラバラ

使った分だけ払うプランがある会社

HISモバイルは通信量で基本料金を自動的に決めてくれるので、無駄がありません。変なSIM本体が無料でプレゼントというのも嬉しい点です。一番少ないデータ量で月々900円から使えます。

ほとんどデーターを使わない

電話を受けることが多くて、おうちのWifiに繋がっているし、ほとんど通話も電話もしないとい場合は最低料金が安い会社を選びましょう。最低料金の安いプランのある会社といえば、LINE モバイルは500Mで1100円から使えます。しかもLINEのデータ量は無料なので、LINEで友達や家族と連絡するのがメインという方におすすめ。他にはOCNなら1Gで1190円から使えます。

たくさんデーター量を使う

格安SIM会社のプランは最大データー量が14G~30Gというところがほとんど。データー量の多いプランは大手キャリアのプランとそんなに値段が変わらないので実はそんなに節約にならないことが多いです。

SNS無料プランのある会社

LINEモバイルはLINEをはじめとするツイッターやフェイスブック、インスタなどのSNSの通信料がフリーになるプランがあるのでSNSをたくさん使う人にはお得です。データ量のほとんどをSNSで消費している方におすすめ。各プランにプラス480円するだけでデータ量を節約できます。

海外旅行の時は便利『変なSIM』

SIMフリーやSIMロック解除にしたら、ポケットWifiをわざわざレンタルしなくても気軽に海外でのネット環境が整います。変なSIMは今使ってるSIMに貼り付けるだけで簡単に83の国や地域で使えるとてもユニークで便利なシールです。サブSIM技術と呼ばれるシールを貼るだけで、アプリからデータ量を購入して何度も使える便利な技術です。1日500円から使えるので、ホテルや空港でフリーのWifiを使うので移動の時にちょっとネット環境が必要なだけという方に便利ですね。

他にもかかる?初期費用など

格安SIMに発行時には事務手数料、約3000円、SIMカード本体料金などもプラスにかかります。あとは自分の今のプランに2年縛りの契約違約金がかかるかどうかはもう一度携帯会社に確認してみましょう。SIMロック解除もネット上で行うと無料ですが、店舗で行うと手数料が請求されるので注意が必要です。ライフスタイルにあったプランや会社を選べば通信料がとても節約できますね。

格安SIMは必ずポイントサイトから申し込もう

LINEモバイルやUQモバイルなどはポイントサイトから申し込むと500〜3500Ptがもらえます。ポイントは日々変動するので、チェックしてみてください。こちらはモッピーのポイントです。

モッピーはマイラーさんに親切なポイント会社です。貯め方とかルートの解説もしてくれるので、おすすめです。下のバナーからの入会で1000Pt(1000円)プレゼント♡

モッピー!お金がたまるポイントサイト