投資初心者ワーママの四季報入門

日本株に投資しようかな・・・と持ったら目にする「会社四季報」。初心者だったら、どこをどう見たらよいのか迷いますよね。特に忙しいワーママならすぐ見られるチェックポイントがわかったら便利!このページでは忙しいワーママが有望株を探すためにどこを見たらよいのかを簡単に解説いたします。

Myu
分厚い四季報って全部見てたらすごく時間がかかるな~
Miwa
心配しないで!ポイントを絞った見方をしたら大丈夫だよ

忙しいワーママが見るべき四季報のパーツ

会社概要

まずは会社名の欄ではその会社の【特色】でどの商品で利益を上げているのかを調べます。【連結事業】の数字は会社全体の売り上げに占める各事業の割合です。会社がどの分野で売上をあげているかがわかります。日本の市場規模は人口減のため縮小していくと考えられるので【海外】でも収益をあげているかは大切なポイントです。

【株主】を見るとわかること

会社のカラーが表れます。会社の利害関係で最も重要なのは「株主」です。大株主の名前の保有株市キスの割合を見るかでどんな会社かわかります。

1筆頭株主が社長の会社

ほとんどの中小企業やオーナー社長が絶大な力を持っている会社。経営センスと決断力・実行力に優れた会社。多額の投資も臆せずに行います。

ソフトバンク・楽天・ファーストリテーリング

2会社が筆頭株主の会社

親会社から切り離されて独立した会社ですが、親会社は経営権を握っています。

このタイプの会社の経営は安定していますが、親会社の意向に沿って動くので新たな超世に対しては消極的です。

日立金属 日立製作所など

3外国人の持株比率が高い会社

外資系会社が日本でのビジネスのために出資している会社

ネクソン、日本オラクル、すかいらーく、日産自動車、いちごグループホールディングス

4機関投資家が筆頭株主

日本とラスティー信託口、日本マスター信託口が上位の株主会社です。利益と配当が安定している会社が多いです。

みずほフィナンシャルグループ、トヨタ自動車、日立製作所など

【業績】と記者コメントでわかること

【業績】を見るとわかることは売上、営業利益、経常利益、純利益、1株利益、1株配当、1株純資産です。

事業欄を見ると長期予想が可能になります。まずは過去の推移を見て会社の未来を予測し、来期以降は四季報記者のコメントと予想損益計算書を参考にします。

四季報には業績予測が書かれています。「予」は中間期計画や将来につながる事実をもとに予測を出しています。「会」は会社が計画予想です。会社予測=四季報予測が一致する場合は信頼性が高いと言えます。

営業利益・・・会社の商売の好不調がわかる

経常利益・・・会社の安定性がわかる。

純利益・・・1年の最終結果 EPS(一株あたりの純利益)が順調に伸びているかが大切。

【財務】を見てわかること

財務を見れば、その会社が不況に強いかどうかがわかります。

会社の健全性を読み解くのは6つの指標です。純資産、自己資本、自己資本比率、資本金、利益剰余金、有利子負債などが書かれています。自己資本とは株主からの資本金と資本剰余金、これまでの利益の累計である利益剰余金、自己資本比率が高いほど健全です。

ROAとROEの見方

ROAとROEには経営者の能力が現れています。

ROA(Return On Assets)は総資産をどれくらい有効に使って利益を出しているかを示す指標です。

ROE(Return On Equity)は自己資本をどれくらい有効に使って利益を出しているかを示す指標です。

ROAは借金(他人資本)も含めての資産を有効に使っているか、ROEは自己資本だけでどれくらい有効に資産を使っているかを示す指標になります。

【キャッシュフロー】の見方

キャッシュフロー表はお金の流れを表しています。営業CF、投資CF、財務CFの3つあります。営業CFは営業で生み出した儲け、投資CFは設備の購入などで使ったお金、財務CFは設備投資などのために借り入れれたお金です。健全な会社はフリーキャッシュフローが黒字になります。営業CF+投資CFです。純利益だけでなく、営業CFがしっかりプラスになっているかをみることも大切です。

投資CFはマイナスになる

設備投資を積極的に行うと通常投資CFはマイナスになります。事業投資をしっかり行うと今後に利益も期待できるので、マイナスでも大丈夫なのです。

【株価指標】でわかること

株価の割安度がわかります。

PERとPBRの見方

PER純利益に対する株価の割合です。投資家はPERの高低でその会社の投資価値を判断します。東証一部の全銘柄の平均は約16倍です。PERが16倍なら、投資家は今の利益があと16年続くと考えているということになります。今後の利益が長期間続くと期待されている銘柄は高くなります。株価とフローの関係です。

PERな株価を純資産で割った数です。純資産の何倍まで買われているかを示す指標です。株価とストックの関係です。株価時価総額が自己資本の何倍かを示しています。PBR=1の場合は株価と1株あたりの純資産がおなじです。PBR<1に場合は株価が純資産よりも低いこといなり、低ければ低いほど割安になります。

四季報を理解するための用語チェック



ROE自己資本利益率。自己資本をに対する当期の純利益の割合。
ROA総資産利益率。どれほど効率よく資産を活用して利益を生み出したかを示す。
EPS一株あたりの当期純利益
キャッシュフロー計算用現金の流れを営業、投資、財務に色分けしてみるための決算書
自己資本株主資本+その他の有価証券
純資産総資産から負債を引いた額
他人資本株主以外から調達した資本で貸借対照表
PER株式が1株あたり純利益の何倍まで買われているかを表す指標
PBR株式が1株あたり、純資産の何倍まで買われているかを示す指標

まとめ

四季報はその会社がどんな会社か、業績はどうなのかが一目でわかる構造になっています。会社の未来を予測したり、銘柄選択に役立つので見方を覚えて、しっかり活用しましょう。

楽天証券では個別株の欄で四季報を無料で閲覧することができるので、まずは無料でチェックしてみましょう!

ワーママお任せ投資

忙しいワーママでもできるおまかせ投資の始め方

2021.06.02
ワーママの投資入門

ワーママが知っておきたい投資の基本

2021.05.28