忙しいワーママでもできるおまかせ投資の始め方

ワーママお任せ投資
Myu
投資始めてみたいけど、何から始めたらいいのかな

Miwa
お任せでできる投資信託やREITなら簡単に始められるよ。少し勉強したら個別株もいいよね

忙しいワーママが投資を始めるとき、はいきなり個別株から始めるよりも投資信託やETF、REITがおすすめです。忙しくて銘柄選びができなくても、指数に連動する投資信託やETF、プロが厳選して管理もしてくる不動産投資ができるREITなら簡単に始められます。このページでは簡単に始められる投資信託やETF、REITについて基礎からわかりやすく解説します。

投資信託とは

投資信託とは投資家から集めたお金を一つに資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、そお運用成果が投資家それぞれの投資がくに応じて分配される金融商品です。

投資信託のメリット

少額投資できる

株式投資や債券投資にはある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は1万円程度から始めることができます。積立投資プランでは100円から購入することもできます。

分散投資できる

投資の基本は、資産をいくつかの商品に分けてリスクを分散させることです。投資信託はこのような分散投資の考え方から生まれた金融商品です。

専門家が運用してくれる

個人では銘柄選びや売り時、買い時を決めることは難しいですが、投資信託の場合は専門家が運用してくれるので楽です。

投資信託を選ぶ際のポイント

目的に応じた投資信託を選ぶ

退職後の生活のためなら分配金を再投資せずに受け取るものタイプ、老後資金を貯めるためなら分配金を再投資してくれるものを選ぶなど、目的に応じた投資信託を選びましょう。

収益性を選ぶなら、株式の投資信託、安全重視なら再建を中心い運用するタイプを選びます。

経費率や購入手数料、解約手数料をチェックする

購入時手数料・・・購入時に販売会社に支払う費用。販売会社が受け取るのではなく、信託財産に留保されます。ファンドによって差し引かれるものと、差し引かれないものがあります。

信託財産保留額・・・解約する時に徴するされる費用。

運用管理費・・・運用のための費用や報酬も目論見書や運用報告書の作成にかかる費用

監査報酬・・・監査にかかる費用

売買委託手数料・・・ファンドに組み入れられる株式を売買する際に発生する費用

基準価格は純資産(ファンドが持っている株と配当金から分配金や経費を引いた数)÷口数で決まります。ETFのように需給(買いたい人と売りたい人のバランス)で価格が決まるのではなく、純資産と口数で価格が決まります。毎日6時くらいに決まる場合が多いです。

投資信託の投資先をチェック

地域

国内・海外・内外

投資対象

株式・債券・リート・そのほかの資産

インデックス型・アクティブ型

MRF マネーリザーブファンドの略。毎日決算を行い、安定性の高い国内外の公社債や短期金融商品を中心に運用する公社債投資信託。換金には手数料がかからない。

ETFとは

ETF(上場投資信託)は投資信託の一種ですが、株式市場の上場しています。よって株と同じように1分1秒単位で値動きして、株と同じように売買できます。主に株式指数に代表される指標への連動をめざす投資新precious なくです。上場していないので投資信託の場合は値段は1日に1回の基準価格が決まります。長期投資するならリアルタイムで売買できるかどうかはあまり考える必要がないので、投資信託でもETFでもどちらも大差ありません。

ETFは運用管理費用のうち販売会社に支払う部分がなく、指数への連動を目指すため企業調査などのコスト低くすみます。そのため投資信託よりも経費率が安く低く抑えられています。

基準価格は純資産(ファンドが持っている株と配当金から分配金や経費を引いた数)÷口数で決まります。ETFのように需給(買いたい人と売りたい人のバランス)で価格が決まるのではなく、純資産と口数で価格が決まります。毎日6時くらいに決まる場合が多いです。

ETFはを一つ買えば複数の銘柄に分散投資したのと同じことになります。1種類の株に投資した場合はその株価が下がると損をしますが、ETFなら全体の値下がりのリスクを抑えられます。銘柄選びが面倒という場合には指数に連動したインデックスファンドが経費率が低くておすすめです。

日経平均やトピックス、ナスダックやS&P500などの指数に連動するETFがあります。指数だけでなく、金、不動産、コモディティー価格に連動するETFもありますし、世界中の株に分散投資できるETFもあります。

人気のS&P500ETF

ETFで人気なのは成長し続けているS&P500に連動するETFです。アメリカは人口も増え、優良な会社が多く、経済成長をし続けているからです。有名投資家のバフェットも私が死んだら、資産の10%は短期国債、90%はS&P500のファンドに入れてくれと管財人に支持しておいているくらい安定感のある成長している指数です。一時的な不景気やバブル崩壊などを乗り越えて、長期的に成長しているのです。

REIT

リートとは不動産投資信託で、投資対象が不動産になります。REITはある一定の分配金を投資者に還元すると税金が安く抑えられるため、分配金の利回りが高いことが魅力です。

投資信託の中にはREITに投資する投資信託もあります。一万円程度で購入することができ、REITに直接投資するより、少額での投資が可能です。

忙しいワーママREIT

ワーママが少額からスタート!REITリートで不動産投資

2021.06.01

証券口座の開設

投資信託、REIT、ETFを購入する際は証券口座で特定口座とNISAの口座を開きましょう。NISA口座では非課税で運用することができます。

証券口座の選び方

特定口座

証券会社では納税手続きを代行して行ってくれる「特定口座」があります。特定口座を選択すると証券会社が損益通算してくれます。源泉徴収なしを選択すると年間取引報告書をもとに自分で確定申告します。20万円以下の利益ならば確定申告をする必要はありません。を源泉徴収ありの口座を選択すると申告は不要です。

一般口座

投資家自身で損益を計算しなければいけません。

NISA口座

非課税で年120万円まで投資できます。つみたてNISAを選択すると年間40万円までの投資信託を積立てすることができます。

ワーママの投資入門

ワーママが知っておきたい投資の基本

2021.05.28