ワーママが得をする確定拠出年金イデコの仕組み

ideco

ワーママが年金対策するなら確定拠出年金はとてもお得な制度です。納めたお金は全額所得控除なので給与から天引きされている税金が安くなります。その上、本来なら20%以上の税金が運用益にはかかってきますが、非課税になります。デメリットとして、60歳まで引き出せないことが挙げられますが、そもそも老後資金を貯める上で、やっている対策なので引き出せない方が都合が良いとも言えます。このページではイデコの仕組みとどれくらいお得になるのかを年収別にシミュレーションします。

Myu
どれくらいお得なのかな?

Miwa
運用益に税金がかからないのも嬉しいけれど、最大のメリットは所得税控除がかなりお得だということ。年収別にシュミレーションするよ。こんなにお得な制度なのに2020年段階で、利用できる対象者のうちたった2・3%の人しか加入してないんだって。

iDeCo(イデコ)とは

iDeCoとは自分で決めた額を積立ながら、その掛け金を自分で運用していくことで、将来に向けた資産形成を進めていける年金制度です。原則、年金資産は60歳から受け取ることができます。

運用商品の種類

元本保証型・・・定期預金・保険商品で積み立てることもできます。

投資信託型・・・株式型・債券型・バランス型などの厳選された投資信託から選択できます。元本を下回る年もありますが、20年以上積み立てるとかなりの確率でプラスになります。

掛け金と加入資格

国民年金の保険料納付を免除されている方や納めていないとiDeDoに加入できません。年金が天引きされるワーママは加入資格があります。夫の扶養になっている3号被保険者のママの場合は,もともと所得税・住民税を払っていないのでiDeCoの節税メリットは少ないですが、運用益にかかる税金がかからないので、お得なことにはかわりません。掛け金の限度額は働き方によって違います。

掛け金はいくらから?

月々5000円から、1000円単位で設定することができます。60歳まで引き出しができないので、無理なく積み立てていける金額を設定する必要があります。

年金資産の受け取り方

1、定期的に受け取る(年金)

5年から20年の間で期間を設定し、年金として定期的に受け取れます。年金に余裕をプラスしたい場合におすすめです。

2、一括で受け取る(一時金)

70歳になるまでの間に、一括で一時金を受け取れます。まとまった資産が必要なときに便利です。

3、1と2の組み合わせ

家計防衛とワーママのための女の年金対策

2021.05.01

iDeCo(イデコ)のメリット

年末調整で税金が安くなる

生命保険などの控除と同じように掛け金を払っている証明書を出すと、全額が所得控除になり所得税や住民税が安くなります。「小規模企業共済等掛け金控除」という控除が適用されます。例えば、年間12万円掛け金を払うとすると、年収500万円の人なら税金が3万6000円も安くなります。12万円貯められて、3万6000円の税金が安くなるといことは年間で30%のリターンが得られたということになります。

自分の年収は意識しても「課税所得」は意識していない方が多いと思います。イデコで課税所得を下げれば、自動的にリターンを手にすることができます。

働くママ 手取りの増やし方

節約より重要!働くママの手取り増やす裏技

2021.04.30

年収別イデコお得シミュレーション

運用益はどれくらいお得なの?

iDeCoでは利息や値上がり益に通常ならかかる20%の税金がかかりません。これはどれくらいお得なのでしょうか。長期での積立ての場合、仮に2万3000円年利3%で30年間積み立て元本は828万円一般の金融商品だと1211万円、非課税の場合は1340万円です。一般の金融商品より130万円も運用益が増えます。同じ投資商品でも税金がかかるかかからないかでかなりの差が出ます。

iDeCo(イデコ)の始め方

金融機関を選ぶ

信用金庫や地銀・保険会社よりもネット証券が窓口に行く必要もなく、手数料が低いです。手数料が安いSBI証券か楽天証券がおすすめです。設定画面も見やすいですし、運用商品も多数あります。

金融機関を選ぶポイント

1運用商品が豊富

2サービスが使いやすい

3手数料が安い

掛け金をどれくらいにするか決める

掛け金の最大額はは会社員かフリーランスかで変わってきます。また、会社の年金制度によっても異なります。60歳まで引き出さないことを前提に余裕のある分だけ積み立てるようにしましょう。

どの商品をどの割合で投資するか決める。

iDeCoの投資商品は長期運用に適ているファンドがおすすめ。財産ポートフォリオの全体のバランスを考えて、商品を選びましょう。手数料が安いインデックスファンドがおすすめです。運用益に税金がかからないので、はポートフォリオの中の株式の部分でイデコを利用するのがおすすめです。債券・預金はイデコ以外の口座で作ると非課税メリットが最大限に活かせます。

まとめ

投資が不安という人でもイデコなら定期預金で運用しても節税メリットがあり、投資をしている人ならさらに運用益が非課税というメリットもあります。税金をしっかり納めているワーママなら誰にでもメリットがある制度などでしっかり活用したいですね。

老後資金

ワーママが貯めるべき老後資金はいくら

2021.06.04