40代ワーママが読んでみた!厚切りジェーソン投資本の感想とVTIの購入方法

厚切りジェーソン

最近厚切りジェーソンさんの投資に関する本を読みました。とても読みやすく、投資初心者にもわかりやすい内容でした。参考になる部分と「私にはできないな」と思う部分もあり、ワーママ ならどんな部分が参考になるのかまとめます。

ジェイソン流お金の増やし方

厚切りジェーソンさんの経歴や投資方法

厚切りジェーソンさんはとても勤勉な方で米国ではGEに勤務しながら、大学院に通っていたそうです。金融資本だけでなく人的資本もバランスよく増強している点が参考になります。日本に来てからはIT関連企業で働きながら、早稲田大学のビジネススクールやお笑いの学校に通うなどとてもバイタリティーがある方です。

個別株よりもETFを買っている理由

厚切りジェーソンさんはETFを中心に積み立てているそうです。その理由がとても興味深かかったです。その理由は、GEに勤めていた時代、65ドルで購入、その後GE株が下落し、10ドルほどでになってしまい、現在も上がっていないという経験をしています。GEといえば超安定のイメージでしたが、現在はダウ銘柄からも外されています。

この話を聞くと、米国全体に投資できる指数連動型のETFは初心者にも簡単だし、安全性も高いと思いました。企業の寿命は25年と言われている中、長期で生き残る企業を探すのは難しいです。指数連動型のETFなら自動的に利益を出していない企業は組み替えられます。

節約法は真似できないものあり・・・

厚切りジェーソンさんは物欲がほとんどなく、服はお下がり、電車代を節約するために徒歩移動、安いスーパーをはしご・・・・などおしゃれ好きで忙しいワーママには真似できない節約法もたくさん紹介されています。

自分にとって本当に価値のあるものにお金を使うこと。これは本当に重要です。おしゃれが好きなら服にお金をかけてもいいし、旅行が好きなら高級ホテルに泊まってもいいんです。要は自分にとって価値があるかどうか。節約=自分軸を持つことは納得です。

ジェーソン流金融教育はワーママにおすすめ

ジェーソンさんの家庭では子供がお手伝いをしたら人の役にたったということでお小遣いをあげているそうでうす。お小遣い帳をしっかりつけさせて、1年に溜めたお金の10%をお年玉であげて、「利子」の考え方を教えています。

貯金に利子をつけてあげる方法は本当にいいと思いました。お金を計画的に使うことで増やせる体験をすると今後も無駄遣いしない大人に成長しそうです。

ジェーソン流資産形成方法はシンプル

ジェーソンさんの資産形成方法は、支出を減らして、生活費防衛費以外は全てインデックスETFに投資するというものです。ジェーソンさんはVTIに投資しています。

ETFと投資信託の違い

VTIに投資する方法はETFか投資信託を購入するのどちらかになります。ETFは手数料が少なくすみますが、ドルで購入したり、分配金を再投資する必要があり手間がかかります。投資信託は円で購入でき、分配金の再投資も自動的に行ってくれるので初心者におすすめです。

私はSBI証券でVTIに自動積み立てしています。理由はドルでの資産を持っていたいからです。お給料が円建てなので、ドル資産で分散させるためにもドルで購入するETFの方が良いと思ったからです。投資信託よりも手数料が安いのも魅力です。

SBI証券でVTIを購入する方法

ジェーソンさんは初心者には投資信託をお勧めしていましたが、ETF購入も簡単なのでVTIの購入方法も解説します。お子さんがいらっしゃる方ならジュニアニーサを活用するのがお勧めです。子供が20歳になるまで運用益が非課税なので結構お得だと思います。

ドルで購入するする方法

ドルで購入する場合は、住信SBI銀行でドルの積み立てをしておくと1ドル2銭の手数料でドルを購入できます。定期積み立てでない場合も4銭です。証券会社から円で購入すると25銭の手数料がかかってしますので、長期で高額資金を運用したいならコストも意識したいところです。

まずはドルを購入します。

次にSBI証券でドルで入金します。

SBI証券の外貨入金画面から入金します。

SBI証券の外国株サイトの取引→定期購入を選択。

VTIを検索して購入数、購入日を選択します。最後にドルか円で購入するかどちらかを選択するとあとは自動的に積み立てが始まります。

SBI証券と住信SBI銀行の組み合わせは一番低コストでETFや米国株をドル購入できます。

VTIに投資できる投資信託

VTIに投資できる投資信託は楽天VTIやSBIのVシリーズです。どちらもクレジットカード積み立てでポイントがつくので、定期購入するならクレジットカード積み立てが良いと思います。最大で月々5万円までクレジットカード決済が可能です。

ABOUTこの記事をかいた人

旅と語学が好きな5歳と3歳の子のママです。

楽しくて学びになる旅育を実践中

楽しい旅育スポットや英語教育・マイル術などをシェアしています。