子どもの教育費や老後資金ってどれくらい?

マネーセミナー

子育てに追われる忙しいワーママ。教育費、老後資金・・・必要なお金ってどれくらいなの?銀行に預けておくだけで大丈夫?などなどいろんな不安があるけれど、勉強する暇もないし。そこで、おすすめなのが参加無料のマネーセミナーです。資産分散の方法や保険の種類に関する知識などが学べます。働くママにとてまずはこれからかかる教育費と老後資金が最大の関心事項をまとめます。

子どもの教育費はどれくらい?

義務教育までは無料の学費ですが、習い事や塾、部活動などで一定の出費があります。一番お金のかかる大学進学。いったい幾ら必要なのでしょうか?

幼稚園から高校までの教育費はどれくらい?

文部科学省の調査によると必要な額は最低でも541万円。全て私立に通うと驚きの1830万円です!文科省の調査には学費や給食費だけでなく塾や習い事などの課外学習にかかる費用が含まれています。

幼稚園・小学校・中学校・高校で1年にかかかるお金

公立幼稚園は22万4千円,私立幼稚園では52万8千円

小学校は公立小学校では32万1千円,私立小学校では159万9千円

義務教育なので効率の場合は授業料が0円。それでも学用品や遠足など色々出費がありますね。

出典 文科省 平成30年度子どもの学費調査

公立中学校では48万8千円,私立中学校では140万6千 円

小学校との違いは修学旅行の積立が増えたり、部活動などの課外活動費が増えます。学区によっては自転車通学やバス通学することもあるので通学費も増えますね。

出典 文科省 平成30年度子どもの学費調査

公立高等学校では45万7千円,私立高等学校では97万円

高校に入ってくると授業料が発生、通学費や課外活動などの費用も増えます。学校納付金も高校だと高額になります。

出典 文科省 平成30年度子どもの学費調査

大学までの教育費はどれくらい?

大学の学費は進学する大学によってもずいぶん違います。日本政策金融公庫によると、高校の費用は248万円で大学の費用は国公立大学だと428万円、私立大学だと文系は630万円、理系だと737万円です。

 日本政策金融公庫のアンケートより 

生命保険があれば安心だけれど、プラスして学資保険があればとりあえず、万が一何かあっても学費の心配はいりません。学資保険は種類も多く、元本割れしてしまう可能性のある商品もあるので、本当に有効かを実際に相談した方が得策です。

保険ガーデンプレミアでは無料相談でぴったりの学資保険を知ることができます。

保険ガーデンプレミアで無料相談を行う

老後資金ってどれくらい必要?

老後に必要なお金って年金以外に2000万円と言われて、大騒ぎになりましたが、今の年金の仕組みを知れば納得できる金額かもしれません。今の年金の仕組みは現役世代が老後世代を支えるという仕組み。50年前の1970年代は10人で一人を支えていましたが、今は3人で1人を支えています。今後、2040年には2人で1人を支えることに・・・

総務省の家計収支報告によると、年金受給世代の月々の収支の平均が見られます。月々、3〜4万円の赤字が発生しています。総務省の家計収支報告によると、高齢者世帯の持ち家率が、90%以上。家の維持費などもかかりますし、今後、人口減少の影響で年金の受給額が減額されることを考えるとさらに赤字が多くなる見込みです。

出典:総務省 家計収支報告 

何年生きるのか、最低限の生活費の他、医療費や海外旅行や子どもや孫への援助、自動車を購入するかによっても必要な額は理想の老後ライフスタイルによって違います。

月々の赤字が4万として、1年で50万円、10年で500万年の年金を取り崩すことになります。65歳から年金生活で貯金を取り崩すと95歳で1500万円の貯金を取り崩すことになります。その他、家のリホーム、子どもの結婚、孫への支援、車の購入費などを考えると2000万円以上は軽くかかってしまいますね。

ドル・コスト平均法で投資信託を買うのが効率的

少しでも若いうちから積立投信するとお金を育てることができます。セミナーではドル・コスト平均法について詳しく学ぶ事ができます。投資って損しそうで怖い!と思っていましたが、この方法なら怖くない!と思える方法です。

ドルコスト平均法では、毎月決まった額を投資することで、買い付け単価を平準化すさせる投資法です。基準価格が高い時には購入口数は少なくなり、低い時には購入口数が多くなり、結果として平均買い付け金額を下げる事ができます。長期にわたって積み立てるすると相場の乱高下の影響をほとんど受けずに投資できます。

2000万円も貯金するなんて大変そうですが、投資をすることによって利子も再投資していくと銀行に預けるよりずっと早く目標金額にたどり着けます。どれくらい違うかもマネーセミナーに参加すると実数で見えてきます。

iDeCoは手取りも増える!

iDeCoって聞いたことはあるけど、仕組みはどうなの?という方も多いかと思います。実は投資信託を買うと利子に対して税金がかかってきますが、イデコの制度を利用すると税金が免除になり、お得なんです。しかも、掛け金が全学所得控除になるので、掛け金が毎月1万円で、所得税20%、住民税10%とすると年間36,000円、税が軽減されるということに。フリーランスの方や会社の年金制度が充実していない方でもiDeCoで少しずつ積立ていけば自分年金ができるのでおすすめです。働き方によって月々に積み立てられる額が違います。

無料のマネーセミナーで学ぶ

何をどうしたら・・・という場合は、無料で開催されているセミナーに参加してみましょう。

無料で参加できるセミナー一覧

【参加費無料】CRAZYマネーセミナー
総合的な資産運用アドバイスセミナー

以前マネーセミナーに参加したことがありますが、有益な情報をたくさん得ることができました。

特に驚いたのは物価のお話。ここ40年で2倍くらいに物価が上がっています。つまり、銀行に預けた40年前のお金の価値は半分になっているということ!恐ろしい話ですね。コツコツ貯めたお金の価値が40年後に半分になっていたら悲しい・・・老後資金を計画的に貯めるには貯金だけではなく、投資が必須ということがわかりました。

お金の相談はなかなか人にはできないけれど、セミナーに参加すると無料でファイナンシャルプランナーの方に相談することもできます。参加者もスタッフの方も全て女性で、金融商品の売り込みなどもなかったので、安心して参加できます。教育費、老後など人生でどれ位のお金が必要なの? iDeCo、NISAはやるべき?等 資産形成の基本を分かりやすく学ぶことができました。

<こんな方におススメ> 

・お金や運用に興味はあるけど、何からスタートするべきかわからない

・自分の金銭感覚に自信がない

・そもそも結婚相手にどれくらいの収入を望むべきか

・穏やかなマネープランを立てたい