ワーママが貯めるべき老後資金はいくら

老後資金

老後に必要な金額は2000万という政府の発表がありますが、必要な額は生活水準や持ち家か、賃貸かでも異なってきます。このページでは老後安心と言われる資金額と資金の増やし方を徹底解説します。

Myu
少子高齢化で年金受給額額の減少が予想されるけど、老後はお金の心配なくいきたいよね。

Miwa
そうだね。少しでも若いうちから対策しておけば大丈夫!今日から始めよう。

老後資金は年収の5~6倍が目標

目標にしたい老後資金は今の年収の5~6倍と言われています。これくらいあれば平均寿命まではそこをつかないだろう・・・という額です。退職金のない人や賃貸暮らしの人はさらに高めの設定で、年金がもらえるということが前提になります。老後資金は年金で不足する生活費などを補うのが目的です。

家計防衛とワーママのための女の年金対策

2021.05.01

老後資金を貯めるポイント

老後資金を作るために大切なことは3つのポイントを意識することです。「稼ぐ」「貯める」「増やす」の3ポイントです。

稼ぐ

老後できる仕事を見つける。自分でスモールビジネスを始める。会社の再雇用制度を活用する

貯める

老後の生活費を抑える。実家を活用したり、自宅を人にかして安い部屋に引っ越す。

増やす

投資や節税効果の高い商品で老後資金を増やす。投資の勉強をして運用先を貯金だけでなく投資にも回す。

老後資金を貯められない時の生活プラン

老後資金を貯めることが難しい場合は生活費を下げる工夫をしましょう。

節約週間を身につけ生活コストを抑える

老後の生活コストを抑えるために、今から節約習慣を身につけておきましょう。公的年金には限度があるので浪費グセがついていると無駄をなくすのに苦労します。今から節約を心がけておくと老後の必要資金を減らせるメリットがある!と意識することが大切です。

住居費を抑える

住居費は生活コストを抑えるのに効果大デス。小さい家に引っ越したり、持ち家は貸して家賃収入をえる、賃貸の場合はこう英雄宅に映るなどプランを考えましょう。比較的経費なケアハウスへの住み替えも一つの方法です。

シェア生活で生活費を下げる

カーシェアリングやレンタカーを利用すると自動車の購入費や車検代、自動車税、保険料などを節約できます。本は図書館で借りれば無料です。服やバック、パーティードレスやフォーマル服などなど頻度が低く、高価なものはレンタする方がお得です。

老後資金の貯め方

老後資金の貯め方は末っ子の出産時期から始めるのが目安です。若い時の出産なら、教育費が終わってから貯めても大丈夫です。反対に高齢出産なら、教育費の目処を考えながら、早めに少しずつでも老後資金準備をスタートしましょう。

最適な老後資金の貯め方は?

定期預金・・・元本保証がある手堅い方法ですが、長期で預けるには貯金だと利率が低くなるので物足りない方法です。

財形貯蓄・・・会社員なら給与から天引きで自動的に貯められる財形貯蓄。利子が非課税ですが、現在の利子が低すぎるのでメリットは低めです。

積立NISA・・・・投資信託が年間33万円まで非課税で運用できます。老後資金作りににぱぴったり!

iDeCo・・・・人によって積立できる額が違いますが、節税のメリットが高い投資信託の運用方法です。60歳まで引き出せないの無駄に使ってしまうことがなく、老後資金を貯めるにはとても良い方法です。ワーママなら年末調整で税金が安くなるから絶対やっておくべき!

ETF・投資信託積立て・・・証券会社に口座を開き、インデックス型の投資信託やETFに積立投資する方法です。20年くらいの長期で投資するなら元本割れするより増えている可能性がかなり高くなります。S&P500に連動するETFなら長期投資にはぴったり。

仕組み預金・・・・この預金はデリバティブと呼ばれる複雑な取引を用いた定期預金です。高金利の反面、原則として途中解約ができず、満期時期は銀行側が決めるのが特徴です。

個人年金保険・・・積み立てて、老後に年金形式で受け取る保険です。保険料相当の死亡保証があります。「税制的確タイプ」を選ぶと個人年金保険控除の対象となります。「税制適格タイプ」は保険料を10年以上かけて払い込むこと、60歳以上に10年以上かけて受け取ることという条件があります。

節税効果があるが予定利率が低いので20~30年という長期期間の契約を交わすにやメリットが少なめです。個人年金保険料控除の年間上限を超えて保険料を支払ってもそれ以上の節税メリットはありません。もし入るなら控除枠を活用する目的で小さく入るのがポイントです。

ワーママ損しない保険選び

ワーママの損しない保険選び

2021.05.14
外貨預金・定期預金どれがお得

ネット銀行・外貨預金・定期預金 お金が増えるのはどれ?

2021.05.12

貯蓄と投資の違い

貯蓄とは、銀行などの預貯金のように預けたお金とその利息が保証されているもの。一方、投資は株などの値動きがある商品にお金を投じるものです。運用によって、大きくお金が増える可能性がある反面、預けたお金が減ってしまうリスクもあります。

低金利が続き、預貯金だけけはお金を増やすのが難しい時代です。貯金が増えてきたら投資もしたいところです。

主な投資商品

外貨預金

円以外の通貨で運用する普通預金や定期預金。

投資信託

投資信託はファンドとも呼ばれ、多くの人からお集めたお金をプロが運用し、得た利益を分け合うものです。低リスクのものから外国の株式まで運用するリスクの高いものまで様々です。100円から積立できるものもあります。手数料や管理手数料などが低い、インデックスファンドを選ぶようにします。

株式投資

株式投資は企業の株を買って株主になる投資法です。安いときに買って値上がりしたときに売るのが基本。短期では結果が出にくいため、長いスパンで運用していくのがポイントです。長く保有するためには配当や株主優待を重視して銘柄を選ぶてもあります。株主優待生活品は生活の助けにもなります。

債権

債券は国や企業などが資金調達のために発行する借用証明書です。国債・地方債・社債などがある。一般の定期預金よりも利率がよく、こう縫うすると決められたr利率で年二回利息がもらえる。途中で売買すると時間になるため元本割れするリスクもある。

ワーママお任せ投資

忙しいワーママでもできるおまかせ投資の始め方

2021.06.02
忙しいワーママREIT

ワーママが少額からスタート!REITリートで不動産投資

2021.06.01

投資を始める時の注意点

投資を始めるっもは年収の半分以上の貯金ができてからと言われています。少額からでもいいので投資信託などで積立していくと長期的には貯金だけよりも大きく増えていきます。

投資を始める条件

  • 年収の半分以上の貯蓄ができている
  • 使い道が決まっていない長期資金がある
  • 低リスク商品から始める
ワーママの投資入門

ワーママが知っておきたい投資の基本

2021.05.28

まとめ

老後資金の必要額は人によって違います。住居費や年金額などが人によってちうので、自分にあった資金の作り方を利用して早いうちからコツコツ貯金や投資で増やすようにしましょう。まずは勉強しながら、リスクの低い商品から始めると気軽に始められます。