投資初心者ワーママの会社選びと売買ルール

ワーママ投資家

投資信託やREITなどは始めたけれど、個別株もチャレンジしてみたい・・・でも初心者だと、何を買ったらいいのか?買い時や売り時がわからない!そんなお悩みはありませんか?このページはそんな個別株投資をする際に気をつけるべきポイントを解説します。

Myu
株の選び方、買い時、売り時のタイミングって難しいな・・・
Miwa
個別株投資を始めるときには自分のポートフォリオにどれ入れるのか迷うよね。まずは自分なりのルールを作ることから始めよう!会社選びの基準と「売り」のルール作りに参考になるポイントをまとめたよ。

投資する会社を選ぶ基準

「よく知っている会社をいくつかピックアップしてみたけれど、どの会社が良いのだろうか・・・」と迷ったときにに注目するポイントです。

経営層が安定している会社

いい会社をピックアップしたら、次はその会社がどのくらい成長しそうなのかも確かめておきましょう。カリスマ社長が話題になっているとその社長がいなくなったら事業が傾く可能性もあろいます。誰でも代わりが務まるような会社が理想的です。経営陣が頻繁に入れ替わっている会社も注意が必要です。従来の事業がおぼつかなくなり、経営が不安定になります。

値上げできる会社

価格競争に依存すると会社自体が弱くなります。価格をあげても顧客を逃さないブランド力があるかをチェックしましょう。例えば、マイクロソフトはこれまでに何度か値上げをしていますが、これによって顧客を失ったということはありません。

配当金や優待もチェック

株で得られる利益には、株価が上がった時に得られる「値上がり益」とその会社が株主に対する「配当金」があります。

値上がり益を狙う・・・新興企業

値上がり益なら成長している新しい会社や小さい会社の方を狙います。なぜなら赤ちゃんが成長するように会社も拡大していく可能性があるからです。

配当金を狙う・・・大企業

すでに成長期を過ごした大企業は安定的な高配当株が多いです。

配当利回り1%以上が目安

配当金は高ければ高いほどいいわけではありません。業績不振などの理由で株価が暴落している時も利回りは高くなっているからです。会社の業績をまずチェックして問題がないかを見ることが大切です。日本株の平均利回りは1%ほどです。アメリカ株は利回りが高く、年4回配当が出る会社がおいです。長期でみると1%の利回りはとても大きなものになります。

ワーママ10倍株

投資初心者ワーママの10倍株の探し方

2021.07.03

投資初心者ワーママの四季報入門

2021.07.02

売り時のポイント

売り時は自分でルールをあらかじめ決めておくと流されずに売ることができます。まずは長期か短期で投資するのかを決めて、その上で売りの条件を決めます。

「見切りをつける」が大切

株に過度に思い入れがあるとなかなか売却できず、売り時を逃すことがあります。特にバリュー株投資では、「ほとんど成長しなかったかぶは2年で売る」などの自分なりのルールを決めておきましょう。


長期投資短期投資
期間5年以上の期間を設けて、値上がり駅と配当金を稼ぐ方法だいたい1日くらいから数日の間に売買を繰り返して、値上がり益を稼ぐ方法
銘柄選び会社の財務状況から銘柄を選ぶその時々のチャートの動きを見て銘柄を選ぶ
株価チェック一度決めてしまえば、頻繁に株価を見る必要はない株価を頻繁にチェックする必要がある

「売り」ルールの決め方 

ルールを決める際に役立つ3つのタイミングです。

  • 株価が割高になった時
  • 会社の特性・強みがなくなった時
  • 他にもっと良い会社が見つかった時

株価が割高になった時

株価が値上がりしているときは、過剰評価になっていないかPBRを使ってチェックします。割高になったら売却して利益を確定をしようとする人も増えるので、いずれ値下がりします。PBRが0.7倍以下で購入して、1.2倍以上になったら売却を検討しましょう。

PERも割高かどうかを判断する指標になります。PERが買った時の2倍になったらすでに割高になっている可能性が高いので売りの目安としましょう。

売り時を逃さないように、指値で注文を出しておくと安心です。注文の出し方は「今週中」の期間を指定して指値注文を出して起きます。

会社の特性・強みがなくなった時

会社の強みとは特許を持っていたり、シェアを独占しているなど優位な立場にいられるということです。強みを失ってしまったり、収益が落ち続けている株は売却を考えましょう。

企業の業績がわかる「有価証券報告書」は決算から3ヵ月後に発表されます。決算の情報をいち早く調べるためには決算短信をHPで確認します。。決算短信をみて会社の強みが優位性を失っていないかや収益が伸びているかを判断します。

他にもっと良い会社が見つかった時

限られた資金の場合は、持っている株を手放して、新たな株を買う必要が出てきます。良い株を長期でもつには銘柄選びが大切になってきます。

ポートフォリオの作り方

1銘柄に集中すると資産減少のリスクがあるので、資金の15%を1つの銘柄に投資して全体的に8銘柄くらいになるようにすると分散効果が期待できます。あまり多くの数に分散しても分散効果は変わりません。分散しすぎると銘柄のチェックに時間がかかりすぎてしまいます。


急成長の新興企業中成長低成長の安定企業
EPSの伸び20%以上5~20%2~5%
期待できること短期の値上がり益を期待配当金で定期的な収入配当金で定期的な収入

買うタイミングは分散して

株は安い時に買って、高い時に売るのが基本ですが、初心者だとタイミングを見極めるのが難しいです。ポートフォリを決めたら少しずつ分散して投資するのがおすすめです。

キャッシュポジションを持つ

資金を全て割り振らず、株価下落に備えて、キャッシュポジションも持つようにしましょう。

業界を分散させる

サービス業、医薬、金融、公共財、通信、小売などそれぞれ異なる値動きをする業界に分散させましょう。景気敏感株・内需株などに分けると値動きの幅が緩やかになります。

投資失敗しないマインド

投資初心者ワーママが投資は怖いな思った時に考えるべきこと

2021.07.08
ワーママの投資入門

ワーママが知っておきたい投資の基本

2021.05.28

まとめ

株の買い時や売り時は初心者にとっては難しいポイントですが、自分なりのルールをしっかり決めて、感覚をつかんで行きましょう。社会情勢や景気の循環で株価は下がることがありますが、焦らずに売り時と買い時を見極めたいですね。