楽天証券の投資信託ポイント改悪 SBIとどっちがいいの?

楽天・SBIどっち

楽天証券の投資信託の保有ポイントの改悪が2022年4月から予定されています。私は楽天証券では積み立てNISAを運用してます。理由は楽天ポイントポイントがたまるからです。しかし、保有残高に応じてポイントが貯まる仕組みだったのが、改悪で毎月ポイントがもらえなくなります。

SBI証券では主に米国株とRIETを購入してますが、SBIもクレカ積み立てが始まり、投資信託の積み立てを始めました。そこで湧いてきた疑問。楽天証券SBI証券どっちがいいの?」このページでは答えを検討してみたいと思います。

投資信託でもらえるポイント

投資信託は購入時と保有している額に応じてポイントがもらえます。購入時にもらえるポイントはクレジットカード決済した場合の、クレジット会社ポイントです。

保有している期間にもらえるのは証券会社からのポイントになります。楽天証券なら楽天ポイント、SBI証券ならメインポイントをTポイントかpontaポイントかを選ぶことができます。

投資信託の購入でもらえるポイント

投資信託の購入でポイントをもらうためにはクレジットカード決済を行う必要があります。楽天もSBIも投資信託ならクレジットカード決済が可能です。

楽天証券の場合は楽天カードを作る必要があります。月々最大5万円までクレジット払いが可能でもらえるポイントは最大で500ポイントになります。

SBI証券の場合は三井住友ビザカードを作る必要があります。月々最大5万円までクレジット払いが可能で、クレジットカードの種類によって付与される率が変わります。一般のカードなら250ポイント、ゴールドカードなら500ポイントになります。

ゴールドカードは年間5500円の年会費がかかりますが、100万円以上の決済なら無料になるので、メインカードが三井住友ビザカードならSBI証券で積み立てるのもいいかと思います。

投資信託の残高に応じてもらえるポイント

投資信託は保有残高に応じて証券会社からポイントをもらうことができます。ポイントの付与率は結構複雑で、一言で言うなら「手数料の高い投資信託はもらえるポイントが高く、低い投資信託はもらえるポイントも低い」という感じになります。例えば、経費率の低いと言われる e MAXIS -slimシリーズのポイント付与率は全世界株なら0.046%、S&P500なら0.37%です。

SBIのVシリーズもポイントの付与率は低くなります。

楽天証券の場合は2022年4月以降は残高ではなく、保有残高が一定水準を超えた時、1度だけポイントが付与される仕組みになります。

楽天とSBIどっちがいいの?

購入時ポイントが多いのは楽天証券

購入時にポイントが多くもらえるのは楽天証券です。購入時に最大で500ポイントもらえます。SBI証券の場合は半分の250ポイント(ゴールドカードを使えば500ポイントになります)

残高ポイントが多いのはSBI証券

残高に応じたポイントが有利なのはSBI証券です。1000万円以上残高があるなら月々にもらえるポイントはSBIVシリーズなら2,000ポイントでe MAXISーslimシリーズなら4000ポイントなので、残高が多いほど、SBI証券の方がお得になります。

まとめ

購入時にもらえるポイントは楽天が多いですが、長期的に考えて残高の額が多くなった場合はSBIの方が有利になります。ポイントはよく変わる制度なのでポイントをもらうことが目的にならないように長期的な資産形成をしていきたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

旅と語学が好きな5歳と3歳の子のママです。

楽しくて学びになる旅育を実践中

楽しい旅育スポットや英語教育・マイル術などをシェアしています。