スマホ確定申告にチャレンジ 外国税控除と配当控除・ふるさと納税の簡単なやり方

今年から愛用している楽天ふるさと納税が電子証明書を一括で取得できるようになったので、スマホで確定申告してみました。今後増えるだろう米国ETFの配当金を取り戻すための外国税控除と配当控除にもチャレンジしてみたので、手順の仕組みを開設いたします。

[/voice]
みゅう
スマホでできるの?便利だよね!
みわ
使ってみて便利なところと、ちょっと面倒なところがあったよ 

スマホで確定申告をするための準備

スマホで確定申告するためには準備が必要です。まずはマイナポータルとe私書箱、e TAXの連携です。e 私書箱は各種証明書を入れておくBOXみたいなもので、e TAXは確定申告の時に作る書類を送るために必要です。

外国税控除と配当控除の申告

外国税控除を受ける場合は証券会社からの年間取引報告書の記載事項の入力と証明が必要になります。証券会社の電子証明閲覧のページからe 私書箱と連携させると証明書を取得できます。証明書を取得すると入力も自動的にやってくれ流ので、あとは正しく入っているか確認するだけです。

ふるさと納税の申告

各種ふるさと納税のポータルサイトから納税証明書を取得します。私は楽天ふるさと納税を利用していましたが、2022年から一括で電子証明を出してくれることになったので、自治体からの証明書を保管したり、入力したりする手間が減りました。

納税自治体が多いと、住所などの入力が面倒だったのですが、一括で自動入力してくれるので楽です。証明書をなくして大騒ぎ!ということも無くなりました。注意点はいろんなポータルサイトを使うと手続きが煩雑になるので推しのポータルサイトを決めておくといいかもしれません。

確定申告作成コーナーでの入力の手順

まずはマイナポータルとe–TAXを連携させます。住所などの基本情報を入力します。源泉徴収票を写真から読み込みます。この時自動的に入力されるのですが、正しく拾ってくれているかを確認する必要があります。

マイナポータルからの送信手順

マイナポータルから確定申告コーナーを利用するにはマイナンバーカードの使用パスが必要です。さらに、送るときは電子署名のパスワードが必要になります。マイナンバーのパスワードには2種類あります。

使用パスは役所に行かなければ変更できませんが、電子署名のパスワードは専用アプリから予約してセブンイレブンのマルチコピー機で変更ができます。

スマホ確定申告のメリットとデメリット

まとめ

初めてスマホで確定申告してみての感想ですが、準備に時間がかかりました。証明書の取得や各種アプリなどの連携、パスワードの入力など地味に面倒でした。一方、ふるさと納税や証券会社の証明書の情報、源泉徴収票の情報の入力などが自動入力でやってくれるのは楽でした。

印刷代金や郵送費などもかからないのでその点も良かったです。

ABOUTこの記事をかいた人

旅と語学が好きな5歳と3歳の子のママです。

楽しくて学びになる旅育を実践中

楽しい旅育スポットや英語教育・マイル術などをシェアしています。