子育てと仕事の両立のために働くママが知っておくべき「女性の壁」

ワーママの節約術

正社員でバリバリ頑張るのもいいけれど、男性社会の中で働くのは大変です。現在、働き方は多様化しています。パートと育児で家族優先の生活、在宅フリーランスと育児両立、ワークライフバランスと取りながら正社員など、働き方は選べる時代です。そこで、働く上で登場するのが、年収の壁です。税金がかかる103万円の壁社会保険料がかかる130万円の壁、子供が成長すると「小1の壁、小4の壁」が立ちはだかります。壁問題と仕事と家事育児の両立のコツを徹底解説します。

働く女性たちの「年収の壁」問題

無事出産しても今の日本は仕事と育児の両立が難しい社会システムです。育児と仕事の両立するにはどれくらい働いたら得なのか、損なのか?ここでは女性たちの壁を徹底解説します。

103万円の壁

年収が103万円を超えると所得税・住民税が発生します。

106万円の壁

一定の条件の場合、厚生年金・社会保険を支払う必要があり(年間15万円ほどの負担)に加入する必要がある年収。125万円以上手取りを挽回できます。

106万円稼いでも手取りが91万円ほどに・・・105万円でギリギリに押さえておくと15万円お得ということになります。

厚生年金・社会保険料が発生する条件

社員が501人以上、収入が月88000円以上、勤務時間が1年以上、週20時間以上などが対象

130万円の壁

会社の規模によらず、社会保険料の支払いが必要になります。(年間19万円ほどの負担)に加入する必要がある年収。155万円以上で手取り年収を挽回できます。

働くママ 手取りの増やし方

節約より重要!働くママの手取り増やす裏技

2021.04.30

150万円の壁

配偶者特別控除が段階的に受けられなくなる年収です。201万円を超えると配偶者特別控除が完全に受けられなくなる年収

育休中で収入が減っている年(1月~12月区切り)は夫が配偶者控除や・配偶者特別控除を受けることができます。申請をお忘れなく。

働くママの「子育ての壁」問題

保活の壁

保育園に入れるか入れないかの壁。復帰時期を見据えて、生まれる前から保育園のリサーチをしている方も多数います。生まれた月はそれぞれ違うのに、一斉に募集されることが多い保育園。保育園に入れないと仕事復帰できず、退職せざるを得ない場合も・・・

小1の壁

保育園から小学校・学童へ入る壁。新しい生活に馴染むまで大変だったり、良い学童保育の場所を探すのに手間がかかったりします。

小4の壁

学童保育を卒業させられ、「鍵っ子」になる年齢。それまでに善悪の区別や自制心、安全管理能力などの責任能力を身につけ、仕上げていく必要があります。習い事や地域の力を借りてやりくりしているママも多いようです。

マネーセミナー

子どもの教育費や老後資金ってどれくらい?

2021.04.28

明確な壁以外にも会社で働くには見えない壁があります。長時間労働の滅私奉公ができない私たち働くママですが、会社はまだまだ男性優位の男性のための長時間労働が評価されるシステムで動いています。このことはデータからも明確で、日本では大卒の女性よりも高卒男性の方がはるかに早く係長に昇進します。60歳の時点では高卒の7割の男性が係長以上になっているのに女性は2割強と半分にも満たないのです。

子育てと仕事の両立ができなかったり、長時間労働ができないため正当に評価されず。仕事への不満や行き詰まり感を感じて退職する女性も少なくありません。存在する壁を上手にすり抜けたり、飛び越えたり、一人一人が賢く行動する必要があります。

働くママのための両立ポイント

正社員に見切りをつけて、スキルでフリーランスになる

日本の会社はまだまだあらゆるシステムが男性目線で設計されています。長時間労働、転勤、飲み会人事など出世を決めるシステムが女性にとっては不利にできています。その点、フリーランスは子供の成長や体調に合わせて仕事の量を調節できるので理想の働きかたです。収入が不安定になるというデメリットはありますが、スキルをお金に変える力を身につけておくと会社員でもいざという時に安心です。

良妻賢母になろうとしない

男性のようにバリバリ働き、そして世間で「よし」とされる母親を目指すとかなりしんどくなります。手作りの食事で丁寧に暮らして、子供の教育もワンオペで、旦那さんのお世話もする。そんな女性が良妻賢母と言われていますが、無理すぎます!男性は仕事をして疲れて帰ってきてお世話をしてくれる妻がいることが当たり前で、女性は仕事をしてご飯を作って子供のお風呂、絵本読みや宿題の手伝い、掃除、旦那さんのケア、登園の準備、洗濯・・・それが普通。本業が仕事だとしたら働くママ全員がダブルワーカーをしていることになります。

家事や育児を外注するハードルを下げる

家事や育児をやってもらうのは気が引けますよね。まずはダメ母というレッテルを貼られないか?女性としてどうか?自分はタダだから・・・と思っている方も多くいです。でも働くママの労力はタダではないのです。自分が休むことそしてその余裕で仕事で最高のパフォーマンスができるなら立派な投資です。海外ではお手伝いさんや、ベビーシッターを雇うのは普通です。

男性に家事してもらう

実は難易度が一番高いのではないかと思う家事分担。結局ケンカになったり、自分でやった方が楽という方も多いと思います。専業ママなら「家事育児は主婦の仕事だからワンオペで当たり前でしょ」と思っている男性も多いし、世間もそんな考え方ですよね。女性の方も旦那さんが働いてくれてるからという理由で大変でも一人で抱え込みがちです。でも家事育児は365日無休のお仕事です。しかもやってみなければわからない大変さがあります。専業ママでも家事を一人でやるのは超大変なので分担してもらいましょう。

ずっと働けるスキルを身につける

育児が忙しく、働く場所が見つからない!という方ででもおうちでできるスキルを生かした仕事をしてみるのも手です。今は育児にかける時間比率が多くても、いつかは子ども巣立ってしまいます。老後もずっと働き続けれるとしたら、自分の人生も充実するし、年金の心配はありません。

今はバリバリのワーママ でも定年退職する時期がきます。退職したら誰もがフリーランスです。会社に属しなくても、ITスキルやプロブラミング、SNSマーケティングなどの専門的なスキルがあればスキルシェアなどで稼ぐことも可能です。会社員でも会社に安住せずにしっかり勉強しつつ、自分の稼ぐ力がをしっかり身につけることが最大の安定になります。

家計防衛とワーママのための女の年金対策

2021.05.01

まとめ

女性が家事育児をしながら働くのはまだまだとてもハードワークです。経済的自立と余裕と安心のある老後はセット。少しでも働きやすい環境を選択していきましょう。

ワーママの節約術

働くママの節約術ークレジットカードを賢く利用する

2021.04.29