ゆうちょ銀行改悪 ワーママがすべき銀行手数料対策

令和4年1月17日から、ゆうちょ銀行の手数料が上がるそうです。地銀や都市銀行と違って今まで全国的に使えて便利だったゆうちょ銀行ですが、手数料の改悪されるので、改悪ポイントと対策を考えてみました。

Miwa
転勤してもどこでも使えるゆうちょ銀行が便利だったけど、いまはネット銀行も全国で使えるし、手数料も無料になるところが多いからつがいがってがいいよね。

Myu
金利のことも考えるとゆうちょ銀行のメリットって少なくなってきてるね。

ゆうちょ銀行の手数料改悪のポイント

現金振り込みでプラス110円かかる

現金での振り込みでプラス110円になります。今まではキャッシュカードでも現金でも振込手数料は同じでしたが、現金だと手数料が110円プラスされます。注意するべきポイントは振込負担がこちらではなく、振込先が負担してくれるタイプの振り込みでも現金で振り込むことによって手数料が発生してしまう点です。振込時にはキャッシュカードを忘れずに持って行きましょう。

ファミマATMで時間外手数料が発生

ゆうちょ銀行のATMは駅やモール、ファミマなどに設置されていますが、基本的に手数料は無料す。しかし、来年1月からは時間外手数料が発生します。郵便局におかれているATMは今まで通り手数料無料ですが、それ以外だど来年からは時間間外で手数料が発生することになります。

硬貨に手数料がかかる

ATMの場合硬貨を利用する場合は1円でも手数料は110円!1円引き出すのに手数料が110 円もかかってしまうのです。窓口の場合は50枚以上で手数料が発生するので、硬貨の引き出しは窓口で枚数を計算して引き出す必要がありますね。

ワーママがすべき銀行の手数料対策

ここからは銀行の手数料を節約して金利を1円でも多くもらうための対策を考えてみましょう。

ATM手数料無料のネット銀行を使う

SBI住信ネット銀行のTバンク支店やヤマダ支店ははATM手数料と振込手数料が月5回まで無料です。2つ支店を持っているとそれぞれ月10回まで無料で利用できます。住信SBIネット銀行の各支店からの振込みなどのお金の移動も無料なので、手数料対策で支店の数を増やすと振り込みや引き出しの手数料を節約できます。

金利の高い銀行を利用する

金利の高い銀行として人気のあおぞら銀行Bank支店に資金を移動させる人もたくさんいるようです。あおぞら銀行の金利は0.2%です。楽天銀行の場合は楽天証券とのマネーブリッジの設定をすると0.1%の金利がつきます。ゆうちょ銀行の100倍から200倍の金利なのはすごいですよね。

ゆうちょと楽天銀行の連携をする

ゆうちょと楽天銀行の連携をするとゆうちょから楽天銀行への資金の移動が無料ででき、ゆうちょATMを無料で引き出しができます。どうしてもゆうちょ銀行を使いたい場合は楽天銀行に資金を移動してATMを無料で使うこともできます。

1000円もらえるみんなの銀行

完全通帳レス、カードレスでコンビニATMが使えるみんなの銀行も便利です。日本全国どこでもコンビニのある場所なら入出金ができます。全てアプリ上での管理になるので、通帳やカード保管しておく必要がなく身軽に利用できます。しかも、登録して紹介コードを入力すると1000円の預金がプレゼントされます。

1年無料のプレミアム会員になっておくと1000円が手数料なくそのまま引き出せますので、プレミアム会員での登録がおすすめです。(1年以内に普通会員にすぐ戻ると会費は発生しません)

アプリのダウンロードはこちらから↓

みんなの銀行
みんなの銀行
開発元:Minna Bank, Ltd.
無料
posted withアプリーチ