タイで旅育

タイまでは飛行機で6時間~7時間で、時差2時間あります。冬が乾期で、夏(6月~10月)が雨季です。雨季の場合はスコールが発生するので、レインコートや服を多めに持って行くといいです。

水上マーケット

バンコク郊外まで行くと水上マーケットを楽しむことができます。ただし、バンコクから車で1時間30分ほど離れており、アクセスも悪いのでツアー参加がオススメです。価格は900バーツから参加できます。日本の旅行会社JTBやHISなどで日帰りでのツアーを申し込んだりすると楽です。旅行に行ったら、そのまちの市場を訪れるとその土地のことがよくわかります。「どんな食材があって、いくらで売られるている?」「人気商品はどれ?」お店の人とお話してみると面白いですよね。マーケットをリサーチして自由研究にしてみるのもオススメです。

トゥクトゥク

ショッピングの際、ここでしか乗れないトゥクトゥクに乗ってみましょう。乗り物好きな男の子なら間違えなく、喜びます。乗る前に目的地を告げて値段を交渉!だいたい50バーツから300バーツの間。ホテルのコンシェルジュに相場を聞いてから出発。価格交渉を子供と一緒にやってみるのも楽しいですよ。基本的にチップは不要です。結構スピードが出るので、窓から手を出したり、落ちないように子どもをしっかりみてあげることが必要です。

エレファントライド

日本では像は動物園で見るものですが、タイにくると像に乗ることができます。バンコクやアユタヤなどの観光施設で楽しめます。200バーツほど。プラス30バーツで餌やりもできる。

ローカルフード

タイではスパイシーな料理が多く、新しい味覚が体験できます。子どもだと刺激が強いかもしれないので、少しずつ味を体験するだけでもいいですよ。トムヤンクンやカレー、シーフードや麺など多種多様な料理を楽しめます。子連れなら、フードコートがおすすめです。イータイやMBKフードアイランドなど。マンゴーなどの南国フルーツを使ったトロピカルデザートを一緒に食べて、日本ではなかなか食べる機会のないスターフルーツやヤシの実ジュースなど南国フルーツに挑戦すると味覚が広がります。

寺院巡り

タイは仏教国。寺院を訪れるとタイの仏教文化を学ぶことができます。寺院見学の時はマナーに気をつけて。その国のマナーを知り、文化を尊重することは重要な旅育ポイントになります。服装は短パンにノースリーブなどの肌露出が多い服装はNG。堂内では記念撮影は禁止です。ワット・プラオケオやワット・ポー、ワット・アルン寺院を船で巡るのが一般できです。

アユタヤの世界遺産

バンコクから約1時間30分で、世界遺産のアユタヤに行くことができます。木の根に埋もれる仏頭が印象的なワット・プラ・マハートや全長28メートルの巨大涅槃仏も壮観です。バンコクからアユタヤへは鉄道があります。そのほかクルーズツアーやバスのミニバスツアーなどもあります。エレファントライドのついたツアーもあります。