ベトナムで旅育

ベトナムまでのフライトは5~6時間くらい。時差は➖2時間です。旅行のベストシーズンは乾期の秋冬です。夏は雨季に当たり、スコールが発生するので、服装に注意です。雨季だからと言ってずっと雨ではないので、観光もしっかり出来ます。以前8月に行った時は雨季でしたが、晴れ間も結構あり、しっかり観光できました。ベトナムは歴史について学べる場所なので小学生高学年くらいからの子供と一緒に行くのがベストです。

プチプラのベトナム雑貨

子供のお友達用のお土産を一緒に探して見ましょう。ベトナムは安くて可愛いものがたくさん!予算を決めて、どれだけ素敵なお買い物ができるか一緒に考えてみると楽しいです。お店の人におすすめ品を聞いたり、価格交渉すれば英語の勉強にもなります。

ママのリフレッシュ

ベトナムなら高級ホテルでもスパやエステ、ネイルが日本よりもリーズナブルな価格で利用できます。パパと交代で子どもをみてもらい、非日常気分を味わえる素敵なホテルでママもリフレッシュ。ママもしっかり旅行を楽しんで、日頃の育児疲れを吹き飛ばしましょう♡

水上人形劇

現地の伝統芸能に触れられることも旅育の良いところ。キムロン水上人形劇上では11世紀に誕生したと言われる伝統劇が見られます。伝統楽器の生演奏をバックに、ベトナムの神話などが楽しめます。伝統楽器について調べてから行くとどんな音かな?と興味が広がります。

歴史を学ぶ(ホーチミン)

ホーチミンにはフランス植民地時代やベトナム戦争などの歴史を学べる博物館や美術館がたくさんあります。戦争証跡博物館では教科書にも載っているピューリッツアー賞受賞の有名な写真「安全への逃避」をみることが出来ます。美術博物館ではコロニアル建築の素敵な洋館です。アートを鑑賞できます。同時期に日本で起こったことなど日本の歴史に関連づけてみると日本の歴史についての知識も深まります。植民地とは何か?歴史を経て現在にどう繋がるのか?子供と一緒に話し合ってみると思考力を高められます。予備知識をしっかり入れて、学んだことをまとめると立派な自由研究の出来上がり。小学校低学年なら粘土や絵画アートを作って、観てきた物と感想をまとめるといいですね。

世界遺産(ハノイ・ダナン)

ベトナムにはたくさん世界遺産があります。北部や中部に集中しているので、ハロン湾、1009年に建国された李朝のタンロン遺跡に訪れるなら、ハノイに宿泊。16~17世紀にかけて貿易で栄えた古都ホイアンや17世紀の王宮が残るフエ、4世紀のチャンパ王国の聖地ミーソン聖域などを探索するならダナンが便利です。ダナンは高級ビーチリゾート地!ホテルのプールでこどもを遊ばせながら、ママものんびりできます。ラグジュアリーなホテルでゆっくりして世界遺産で歴史の壮大さに感動する旅をプランニングすることが可能です。

ローカルフード

ベトナム料理などの日本にはない味覚を体験することで五感をフルに使った学びをすることが出来ます。フォーはお店によって味が違うので食べ比べてみると楽しいですし、ブン・チャーと言われる肉団子、豚の焼く肉と麺がセットになったローカルフードや生春巻、などバライティー豊か。日本ではなかなか食べられない食べ物をたくさん食べてみましょう。